家の気密性能がわかるC値

C値(シーチ)とは、住宅内の隙間の総量を表す数値でC値が低いほど高気密であることを示し、家づくりにおいて最も判断しづらい施工精度を数値で測れる唯一の指標でもあります。ここでは省エネ効果や結露予防などに代表される高気密住宅のメリットやC値の基準・理想などをわかりやすく解説しています。

高気密住宅のメリット

  • MERIT 1

    断熱性能が高くなり
    光熱費が安くなる

    一般的な住宅は、家中の隙間を集めるとA3用紙ほどの大きさになります。これでは、いくら高性能な断熱材を使用しても隙間から外気がどんどん侵入して断熱効果は半減してしまいます。高気密住宅は、隙間から外気が侵入することがなく断熱性能を100%発揮できるので結果的に光熱費も安くなります。

  • 断熱性能が高くなり光熱費が安くなる
  • MERIT 2

    結露やカビがなくなり
    家が長持ちする

    冬場は気密性の低い家は壁や屋根の隙間から冷気が侵入します。その際、屋外と室内の温度差により壁の中で結露が発生。結露が原因でカビが生え、カビを餌にするダニが繁殖します。また、結露やカビは柱などの構造にも悪影響を与えます。気密性が高いことで結露やカビの発生がなくなり家も長持ちします。

  • 結露やカビがなくなり家が長持ちする
  • MERIT 3

    計画換気で匂いや
    湿気が溜まらない

    現在、法律で24時間計画換気が義務付けられており、給気口と排気口を計画的に設置して空気の流れをコントロールする必要があります。しかし、気密性が低い家は隙間から空気が出入りするため、計画通りの換気ができません。高気密住宅なら隙間がほとんどないため設計通りの換気を実現できます。

  • 換気効率が良くなり匂いや湿気が溜まらない
  • MERIT 4

    汚染物質の侵入を防ぎ
    健康に暮らせる

    花粉や黄砂やPM2.5などは粒子が細かいため、窓を閉め切っていてもあらゆる隙間から家の中に侵入します。高気密住宅は隙間が小さいので汚染物質の侵入を大幅に減らし、さらに給気口に簡単に取り付けが可能な花粉やPM2.5フィルターもあるので綺麗な空気だけを室内に取り込めます。

  • 汚染物質の侵入を防ぎ健康に暮らせる
  • MERIT 5

    家中快適で間取りの
    自由度が高くなる

    家中の隙間がなくなり外から熱気や冷気が侵入しないので、家中どこでも温度ムラのない快適な室内環境となります。そのため、間取りに対して制限を設ける必要がなくなり、お客様の要望に沿った最適な間取りを実現できます。

  • 家中快適で間取りの自由度が高くなる

C値の基準・理想とは

一般的な住宅のC値

気密性に配慮していない一般的な住宅の場合、C値は10㎠/㎡程度で家の壁にA3用紙1枚分の穴が空いているのと同じです。また、平成14年まで国が基準に制定していた気密性に配慮した家の場合でも、C値は2㎠/㎡程度ではがき用紙1枚分にあたります。

隙間の大きさを床面積100㎡(約30坪)で比較した場合

C値
一般的な家 10㎠/㎡ A3用紙
省エネ基準の家(全国) 5㎠/㎡ B5用紙
省エネ基準の家(北海道・東北) 2㎠/㎡ はがき用紙
福岡工務店の家 0.08㎠/㎡ 切手

福岡工務店のC値

  • 福岡工務店のC値

    福岡工務店での平均C値は0.08㎠/㎡です。これは家全体の隙間を集めても切手ほどの隙間しかない家になります。

    ※家の形状により気密が取りにくいことがあります。シンプルであればあるほど高い数値が取りやすくなります。

  • 福岡工務店のC値

C値の算出方法

  • C値は、下記の計算方法で算出します。計算床面積1㎡あたりどのくらい隙間があるかを「㎠/㎡」という単位で表し、数値が小さいほど気密性が高く性能が良くなります。国が以前定めていた高気密住宅の基準は5㎠/㎡以下です。

  • C値の算出方法

高気密前提の24時間換気

現在、国によって24時間換気装置の取り付けが義務付けられておりますが、ここに興味深いデータがあります。気密性能が換気性能に与える影響です。

C値が5㎠/㎡の場合、給気口から取り込める空気は18%しかなく残りの82%は隙間から侵入してくるのです。仮にC値が1㎠/㎡でもおよそ50%。つまり24時間換気システムとは高気密が大前提の換気システムと言えますので、C値はできる限り「0(ゼロ)」に近づけた方がいいということになります。

高気密前提の24時間換気

C値向上への取り組み

福岡工務店では、徹底した施工管理をおこなっており、工程ごとに気密や断熱の性能を上げる施工をすることで最終的に高気密・高断熱の高性能住宅が完成します。創業より高性能住宅を建築してきたノウハウと、監督と職人との連携で施工精度の高い住宅をご提供しています。

  • 気密性能向上への取り組み

    後からできない所

  • 気密性能向上への取り組み

    熱橋部分の処理

  • 気密性能向上への取り組み

    取り合い部

  • 気密性能向上への取り組み

    玄関・サッシ

  • 気密性能向上への取り組み

    出隅・入隅

それぞれの工程でしか処理できない隙間をしっかり埋めていきます。丁寧に細部まで点検をおこない「完全以上」を求めて1棟1棟の品質を高めています。

  • C値測定は
    第3者測定会社に依頼

    C値測定では、数値の信憑性を担保するため、専門知識を有しており、責任ある立場で評価してくれる第3者測定会社に依頼しております。

  • C値測定は第3者測定会社に依頼
  • C値測定は
    全棟お施主様立ち合い

    C値測定の際、気密性の高さを体感していただくこと、不正がおこなわれていないかの確認も兼ねて全棟お施主様立ち会いで実施しております。

  • C値測定は全棟お施主様立ち合い
  • 大工職人の
    表彰制度(気密賞)

    高気密住宅は、現場の大工職人に「いい家をつくる」という気持ちがないと絶対につくれません。もし少しでも手を抜くと必ずC値に表れるからです。そのため、福岡工務店では気密に関する大工職人の表彰制度を設けており年に一回表彰しております。

  • 大工職人の表彰制度(気密賞)

高気密を約束する気密保証

気密にこだわる福岡工務店では、弊社独自の気密保証制度をご準備しています。気密保証とは、C値測定にてC値が0.7を超えた場合、0.7以下になるまで修繕もしくは建て替えをおこなう保証です。「気密保証」についてはこちらで詳しく解説しています。

気密保証

本記事のまとめ

福岡工務店では、創業から気密性能にこだわって家づくりをおこなっており、平均C値は他社の追随を許さない圧倒的な数値を誇っております。高気密・高断熱の高性能住宅をご検討中の方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。