温度差の発生を抑える
結露対策

01

結露の被害について

冬や梅雨の時期に窓ガラスを見たら結露がビッシリ。窓枠やカーテンまで濡れていつの間にかカビが発生していたという経験はありませんか?結露は放っておくとカビやダニの発生源となり、基礎や柱を腐食させてしまいます。長く住む家だからこそ結露発生の仕組みを理解し、きちんと対策がされた家にすることが大切です。

  • 結露とは

    • 空気中に含み切れなくなった水蒸気が、水滴に姿を変えて現れたものが結露です。結露は一度発生すると、可愛いお子さまや大切な家族の健康を害するカビや、家族を守るための大切な家自体の耐久性も奪う腐朽菌やシロアリを招く要因にもなります。家族の健康を損なう恐れだけでなく、建物の寿命を大きく縮める原因にもなってしまう怖い現象なのです。

    • 結露発生のメカニズム

      空気中には水蒸気が含まれています。この水蒸気は温度が高いほど空気中に多く含むことができ、低いと少ししか含むことができません。1㎥の空気に含まれる水蒸気の最大量を飽和水蒸気量と言い、この飽和水蒸気量は気温によって変化します。

  • 結露がもたらす悪影響

    家の寿命が短くなる内部結露

    窓に発生する表面結露より怖いのが内部結露(壁内結露)です。日本のほとんどの住宅で使用されているグラスウールは、水を吸う性質があり湿気を溜め込みます。すると壁内で腐朽菌が発生し、構造材である柱や土台を腐食して家の耐久性を低下させます。また、腐った木材はシロアリの格好の繁殖環境となります。

    ▼ 実際に被害を受けた様子

    結露は健康を脅かすカビの原因

    壁内では湿気によりカビも大量発生します。一度カビが発生すると止めるのは困難でカビを餌にダニが繁殖します。また気密性が低いため、壁の隙間からカビ菌やダニがどんどん飛んできます。

    ▼ 実際に被害を受けた様子

  • 防腐剤などが原因のシックハウス症候群

    • シックハウス症候群とは、化学物質過敏症の1種です。新築の住宅や建物に使われる接着剤・防腐剤などに含まれる「ホルムアルデヒド」が空気を汚染し、吸い込んだ人体に蓄積されて起きると言われています。

      オイルショック以降、石油やあらゆる化学物質からつくられた新建材・接着剤・防虫・防カビ剤が多用される合板などが普及し始めました。その結果、シックハウス症候群が徐々に広がり始め、平成14年にシックハウス法が施行されました。法律をクリアするだけではなく、自然素材を多用し、有毒な化学物質が混入されてない接着剤や自然塗料を使用すること。そして換気の考え方をしっかり持つこと(家全体の換気計画)、結露が発生しない家をつくることが重要です。

02

福岡工務店の結露対策

住宅や家族の健康を守るには結露の発生を防ぐことが重要です。そのためには結露の発生条件を揃えないこと(余分な水蒸気を発生させない、水蒸気を外に逃がす、正しい換気を行う)が重要です。また温度差がある所にも結露は発生するので、屋内と屋外との熱を伝える役割をしてしまうヒートブリッジ(熱橋)をなくし、家の中においても温度差が発生する所を極力なくすということも欠かせません。これらの条件を満たせるように福岡工務店では3つの対策を行っています。

  • 対策1:外断熱と樹脂サッシによって外気の影響を受けない家づくり

    基礎や柱などの構造材の外側に断熱材があるため、外気の温度差で結露が生じることがありません。また、熱伝導が少ない高性能樹脂サッシを採用することで窓も結露が発生しません。

  • 対策2:24時間換気システムで計画通りの空気循環ができる家

    • 福岡工務店では、24時間換気によって湿気を含んだ空気の滞留を防ぎ、屋根裏や床下や押し入れなどの家中の空気が、2時間に1回入れ替わる循環システムを取り入れております。なお、この24時間換気には気密性の確保が非常に重要となります。計画通りの換気性能を確保するためにはC値(気密値)を0.7以下が絶対条件です。

  • 対策3:高い施工精度によるヒートブリッジの除去の徹底

    断熱や気密が途切れた断熱欠損した部分では、室内と屋外で熱が伝わるヒートブリッジ(熱橋)が生まれ、室内と屋外の温度差によって結露が発生します。福岡工務店では、断熱材を切れ目なく施工し高い気密性能を確保。ヒートブリッジを取り除いています。

03

結露と無縁な樹脂窓

建物の屋根や壁面の断熱性能が向上すると、熱の移動は壁よりも窓の方が大きくなります。夏や冬に窓付近に立つと暑かったり寒かったりするのはそのためです。そこで、断熱性能の高い家には必ず断熱性能の高い高性能な窓が必要になります。

日本では昔から安価で加工しやすいアルミサッシが広く普及してきました。現在でも多くの住宅メーカーで使われています。しかし、アルミは樹脂に比べて1000倍も熱を通しやすいため、寒さや結露の最大の原因になってきました。

福岡工務店では、高気密・高断熱を維持し、かつ結露が発生しない高性能樹脂サッシを標準仕様にしています。

  • 高性能樹脂窓の特徴

    窓から逃げる熱を大きく削減した優れた断熱性

    アルミに比べて1000倍も熱を通しにくいとされる樹脂フレームと、アルゴンガス入りLow-E複層ガラスの組み合わせによって優れた断熱性能を発揮します。広く普及しているアルミサッシに比べると、約78%も熱を通しにくいため、冬にはカビやダニの発生原因となる結露がほとんど発生しません。

    福岡工務店が最もこだわる高い気密性を維持

    • 枠と障子の両方に備えた2重シール構造と独自のロック機構により、JISの最高等級「A-4等級」を大きく上回る性能を維持します。

      ▼ A-4等級とは

      気密性には、JlS A 4706・J1S A 4702の規定により下表の等級が決められています。

      等級名 A-1 A-2 A-3 A-4
      旧等級名 120 30 8 2
      用途 通気性の必要な部位
      一般建築用
      防音・断熱・防塵建築用
      呼称 室内サッシ・ドア 普通サッシ・ドア 防音・断熱サッシ・ドア
  • 屋外の音が気にならない「高い遮音性」

    • 気密性が高いということは、同時に遮音性にも優れています。特に交通量の多い道路に面した家では遮音性の高さを実感できます。きっと安らぎある快適な室内空間を実現できます。