マイナス金利と住宅ローン

今月は「マイナス金利と住宅ローン」と題しまして、マイナス金利が住宅ローンにどう影響してくるかについてお話ししたいと思います。平成28年1月29日に日銀政策決定会合において、デフレ脱却の対策の一つとして「マイナス金利」の導入を決定しました。日本で過去に例のない金融緩和です。ちょっと難しいかも知れませんがなるべく分かりやすく解説して行きますのでお付き合い下さい。

そもそも「マイナス金利」とは?

私達が銀行に預金すると通常の場合は利息がプラスで付くことは皆さまご承知と思います。今回の「マイナス金利」は利息がマイナスで付くということです。預金をすればするほど利息を支払わなくては行けなくなるという仕組みです。私達が銀行にお金を預けるのと同様に各銀行は日本銀行へお金を預けています。各銀行はこの「マイナス金利」により、日本銀行へお金を預けるとその分利息を支払わなくてはならなくなりますので、できる限り預金をせず市場にお金を流して(企業に融資し)物価を向上させて、日本銀行が目指す物価上昇率を2%まで近付けようというわけです。

しかし安心して下さい。この「マイナス金利」は、日本銀行と各銀行間の取引の際に関係してくる金利のお話しなので、今の所、私達の預金には何ら影響はありません。

「マイナス金利」は住宅ローン金利が下がる!?

「マイナス金利」は私達にとって預金には影響はありませんが、影響があると考えられるのは住宅ローンや車のローンなどの金利です。ここ10年間くらいはゼロ金利政策により金利は過去最低を維持してきました。しかし「マイナス金利」政策により金利はこれまで以上に下がることとなりそうです。この原稿を書いている2月初旬の現段階でも既に住宅ローン金利を引き下げた銀行があります。住宅ローンの金利が下がれば借りられる金額を上げることもできますし、毎月の支払額を下げることもできます。住宅購入者にとってはメリットがたくさんあるので、今後ローンを組む予定の方や、今既に変動金利でローンを組まれている方などもお得でしょう。今後は各銀行から安いローン商品がたくさん生まれると思うので、随時金利や銀行の動きをチェックしておくことが大事ですね。既にローンを組んでおられる方は借り換えも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

♦それでは次回もお楽しみに!

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください