福岡工務店の断熱施工について⑥

前回まで窓についてのお話しをさせていただきました。その中で、日本の基準はまだまだ低いということをお伝えしました。今回は日本の省エネ基準についてお話しさせていただこうと思います。

日本の省エネ基準

平成25年に省エネ基準が改正になりました。平成11年の基準と異なる大きな変更点は「一次エネルギー消費量」「地域区分の細分化」「外皮の省エネ性能の見直し」の3つです。その中でも今回は「一次エネルギー消費量」についてお話しします。下記のグラフは日本の省エネ基準の移り変わりを表したものです。

住宅・建築物部門のエネルギー消費量は、全エネルギー消費量の3割以上を占め、産業・運輸部門に比べ増加が著しいため、地球環境問題の解決に向け、住宅においてもさらなる省エネ化が求められています。住宅の省エネ基準は、省エネ法に対応して昭和55年(1980)に制定され、平成4年(1992)、平成11年(1999)に改正・強化されました。さらに平成25年(2013)には住宅の外壁や窓などの「断熱性能」に加え、設備の性能や省エネをを総合的に評価する「一次エネルギー消費量」基準が加わり、建物全体でエネルギー消費量を減らす基準が導入されました。

では一次エネルギー消費量とは何か?

化石燃料、原子力燃料、水力、太陽光など自然から得られるエネルギーを「一次エネルギー」、これらの変換・加工して得られるエネルギー(電気、灯油、都市ガスなど)を「二次エネルギー」と言います。建築物では二次エネルギーが多く使用されています。それぞれ異なる計量単位(kwh、ℓ、MJなど)で使用されています。それを一次エネルギー消費量へ換算することにより、建物の総エネルギー消費量と同じ単位(MJ、GJ)で求めることができるようになります。これを一次エネルギ―消費量と言います。

それでは各家庭のエネルギー消費量はどのように変化していっっているのでしょうか?

▼下記のグラフを参考にして下さい。

増加する家庭でのエネルギー消費量を軽減させなくてはいけません。そこで省エネ規準を見直し2020年には断熱性能を今以上に高め、一次エネルギ―消費量を削減することを国が勧めているわけです。私たち福岡工務店では2020年の基準以上の家づくりを考えておりますので光熱費の削減が実現できております。

次回は光熱費の削減についてお話しさせていただきます。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください