-終了-【3日間限定・完成見学会】2020年2月22日(土)~2月24日(祝)・福岡市博多区

■見どころ1:二世帯で暮らす家

ご要望をいただく機会の多い二世帯住宅。今回、ご覧いただける住宅は、使用頻度の低い水回りを共有スペースとして利用することで建築コストを抑えながら、プライベート空間を充実させた住宅です。建築コストを抑えながら、二世帯住宅をお考えのお客様は、ぜひご覧ください。

■見どころ2:毎日の家事が“楽”になる一直線の水回り

勝手口→キッチン→洗面家事室→脱衣室→浴室と、毎日の家事動線が一直線上に並んだ間取り。忙しい毎日を過ごされるご家庭に最適な、家事“楽”動線は必見です。また、ご両親が過ごされる1階和室と憩いのリビングの間には、もうひとつ和室を配置。2WAYのため回遊性があり、様々な用途に利用できます。

■見どころ3:充実した収納の数々

家族が多いと収納に困ることが多々ありますが、こちらの住宅はそんなことは一切ありません。一人ひとりが自由に利用できる収納を確保しつつ、想い出の品や季節ごとに使う物なども、全て収納できます。それでいて、大きな吹き抜けもあり、ゆとりの生活空間を実現しています。

二世帯住宅ながら開放的な吹き抜け空間を確保。冬は暖かい空気、夏には涼しい空気を家中に広げてくれます。洗面家事室は、奥の引き戸を開けると脱衣室に繋がっています。

ブラック天板が目をひくオシャレなキッチン。背面の壁には同色のカップボードもあり、毎日のお料理がついつい楽しくなります。

玄関を上がると右にはリビングへとつながるドア。そして、正面には和室へ通じる引き戸があります。その和室は、リビングへと繋がっているので、ふすまを開けることで回遊性のある大きな空間が広がります。



寒い季節だから体感できる断熱と気密性能

福岡工務店の最大の特徴である、高気密・高断熱の高性能住宅。それを最も体感できるのが、冬と夏です。暖冬といっても寒い日が続くこの時期。外の寒さが家に伝わらない快適な高性能住宅をぜひご体感ください。下の写真は、目には見えない温度の変化を赤外線カメラで撮影し比較した写真です。こうした違いも、見学会にお越し頂くことで直接肌で実感していただけます。

<窓付近の温度の変化>

住宅で最も熱の出入り(熱伝導)が大きいのが窓。よく壁の断熱性能に目がいきがちですが、この窓を断熱性能の高い窓にすることで、室内の温度を快適に保つことができます。

▼一般的な住宅の場合

一般的な住宅でよく見かけるのが、アルミサッシ(窓枠)の窓。撮影してわかったことは、アルミサッシは、ベランダと同様に高温を示す白色になっており、そこから室内にいくにつれて徐々に温度が下がっています。つまり、外の熱が窓を通過して室内に伝わっていることを示しています。冬は、逆に冷たい空気が室内に伝わることになります。

▼福岡工務店の高性能住宅の場合

上記のアルミサッシと違い、福岡工務店の高性能住宅では「樹脂サッシ」を使用しています。撮影して分かったことは樹脂サッシの場合、すでにサッシの部分で徐々に温度が下がり、室内では低温を示す濃い青色になるということです。つまり夏でも冬でも室内はほとんど外気の影響を受けず、エアコン一台で効率的な冷暖房が可能になります。

開催日:2020年2月22日()~2月24日(祝・月)

見学時間:10:00~17:30まで

住所:福岡市博多区

会場は、博多駅から車で10分ほどの場所です。詳細な住所につきましては、ご予約時にお伝えいたします。

当完成見学会は「完全予約制」となっております。

当日は、住宅コンシェルジュがお客様にご納得いただくまで、詳しくご説明させていただきます。

詳しくは、見学会予約フォームをご覧ください!



福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください