ファイナンシャルプランナーの活用

今月は「ファイナンシャルプランナーの活用」と題しまして、一生に一度の大きな買い物である住宅購入をサポートしてくれる方の活用方法をお伝えしたいと思います。住宅ローンが返せなくなって家を手放さなければならない…なんてなりませんように!!

ファイナンシャルプランナーは、相談される方のライフプランを金銭的な面でサポートアドバイスしてくれる大切な味方です。相談者の収入や家族構成、ライフスタイルなどの実状や理想を把握した上で、最適な資産設計を提案し、アドバイスをし、実行、アフターフォローまでのサポートをしてくれます。そのため家を購入した後の生活もお金の心配がないように客観的に判断してしっかり計画を立ててくれます。「家を買えるか買えないか」だけではなく「買った後も安心して生活を送ることができるかどうか」をきちっと第三者の立場で判断してもらうと、住宅ローンの支払いに追われるようなゆとりのない生活にならなくてすみます。

ファイナンシャルプランナーは大きく2つのタイプに分かれています。

上記の2つのFPにはそれぞれ特徴があります。企業系FPはそれぞれの属している会社に関連する商品や分野を主軸にしているため知識に偏る傾向があります。特にハウスメーカーに所属しているFPは自社の商品を買ってもらうためのアドバイスになるため、中立的とは言えませんのでお勧めしません。その反面、独立系FPであれば幅広い知識もあり、オールマイティーに対応してもらえます。ただし独立系FPでもハウスメーカーを名指しで勧めてくるFPには注意しましょう!特定のハウスメーカーから紹介料をもらっている可能性もありますし、許可もなく個人的な情報をハウスメーカーへ伝えている可能性もあります。

※福岡工務店がご紹介するFPは独立系FPです。福岡工務店の肩を持つFPではありませんので安心してください。過去にご紹介したお客様の中には「現在計画中の建物の総予算ではライフプランが合いません」とFPにアドバイスされたとのことで、計画中の建物を小さくされて購入された方もおられました。

FPに相談できる内容は何があるの?

FPはお金の専門家ですから、お金に関することをたくさん知っています。下記は過去のお客様からの相談内容例です。

他にもたくさんの内容を相談されているようです。初めての家づくり。大きなお金が動きますので間違った購入をしないためにも、是非ファイナンシャルプランナーの活用を検討されてみてはいかがでしょうか。

♦それでは次回もお楽しみに!

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください