福岡工務店の断熱施工について①

福岡工務店と同じ断熱材を使っているハウスメーカーは福岡県内にも何社かありますが、私が現場を経験して感じるのは施工の大切さです。皆さんが住宅会社を選ばれる時、基準の1つに「しっかりした施工をしてくれるか?」が入っているのではないでしょうか?

断熱材の施工はとても重要な工程の1つです。なぜならこの断熱施工は気密値C値と直結するからです。では下記の写真の違いを見て下さい。

外断熱施工の場合、私共は柱などの躯体の外側に面材を貼り、その表面に断熱材を施工する方法を採用しております。なぜ直に断熱材を施工しないかと言いますと、断熱材は強い物ではないからです。折れ曲がったり表面に傷が付いたりします。断熱材が折れ曲がった状態で施工してしまうと、隙閣が生じる可能性があり気密性能が取りにくい家になります。

充填断熱施工の場合も同様です。多くのハウスメーカーは防水シートの表面に直接断熱材を吹付けます。この場合、吹付け材がシートを押し出して吹付け厚さ不足などが生じる場合があり断熱設欠損に繋がります。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください