地鎮祭 一覧

福岡市中央区C 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

こんにちは

昨日12月15日(土)、福岡市中央区にて地鎮祭を執り行いました

昨日は土地の神様が見守ってくださったのかお天気も大きく崩れることもなく、爽やかな青空の中で地鎮祭を執り行うことができました

それでは、早速、地鎮祭の様子をリポートしたいと思います

▼午後1時45分、テントと祭壇の準備が整いましたあとは施主ご一家を待つのみです
181215 (1)

▼施主ご一家の到着です。まず初めに現場監督の中村がご挨拶させていただきました
181215 (2)

▼そして地鎮祭のスタートですまず祭壇に向かって深く一礼をします
181215 (4)

▼続いて、神主さんによって「大幣(おおぬさ)」で祭壇や参列者全員をお祓いします
181215 (5)

▼神主さんが神様をこの地にお招きするための「降神の儀(こうしんのぎ)」、お招きした神様へ祝詞を捧げる「祝詞奏上(のりとそうじょう)」と続き、場の空気が引き締まります
181215 (6)

▼「祝詞奏上」の後は、一度お席を立っていただき、土地の四方をお清めする「四方祓いの儀」です。ご主人にはお神酒、奥様にはお塩をテントの中と外に撒いていただきます
181215 (7)

▼神主さんは土地の四隅に建てられた「御幣(ごへい)」に向かって大きく大幣を振るいます
181215 (8)

▼「四方祓いの儀」が終わると、「地鎮の儀」をおこないます。砂山を敷地に見立て「これから敷地の草を刈り取りますよ」と神様にお披露目をする儀式になります
181215 (9)

▼地鎮の儀の最後は「杭打ちの儀」です。代表の阿久津と現場監督の中村が「この敷地に家を建てさせていただきます」と神様にお披露目します
181215 (11)

▼続いて「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。工事の無事竣工やご家族の健康、お子様の健やかな成長など、数々の思いを玉串(榊に紙垂をつけたもの)によせ、ご神前に捧げるものです
181215 (12)
181215 (13)

▼ご両親に続いてご夫婦にも祭壇に玉串を捧げ、二礼二拍手一礼をしていただきます
181215 (14)

▼福岡工務店からは代表して設計士の朴とコンシェルジュの野坂が玉串をお供えいたしました
181215 (15)

▼地鎮祭行事の最後は「昇神の儀」を行い、神様にお戻り頂きます
181215 (16)

▼地鎮祭のしめは、祭壇のお神酒でこれからの工事安全と家内安全を祈り乾杯をします。お酒なので飲む形をとるだけでも大丈夫です
181215 (17)
181215 (18)

▼お神酒で乾杯が終わると、神主さんから「上棟札」がご主人に手渡されます。この上棟札は、上棟式の日にお持ちいただく大切なお守りです。家が完成する頃には、屋根の支える棟柱に取り付けられ、末永く施主ご一家を見守る大切なお札となります
181215 (19)

▼地鎮祭後は、これから始まる着工日や上棟日の打ち合わせも一緒にさせていただきました
181215 (20)

この度の地鎮祭、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひ楽しまれてください

福岡市南区M 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

こんにちは

本日12月11日(火)、福岡市南区にて地鎮祭を執り行いました
雨の中での地鎮祭でしたが、「雨降って地固まる」という言葉があるように、
穏やかで縁起のいい地鎮祭を開催することができました

それでは、早速、地鎮祭の様子をリポートしたいと思います

▼午前10時30分、テントの準備が進み、あとは祭壇ができるのを待つのみです
181211-(1)

▼施主ご一家が到着しました。現地に着くとまず手水桶にて手をお清めしていただきます
181211 (2)

▼地鎮行事をはじめる前は、神主さんから作法についての説明がありますこうしてきちんと説明がありますので、初めての方でも安心です
181211 (3)

▼午前10時50分ごろ、ついに地鎮行事がはじまりました。まずは、ご神前に向かって深々と一礼します
181211 (4)

▼神様をお招きする前に、参列者全員のお祓いですこの後「降神の儀」にて、神様をこの地にお招きします
181211 (5)

▼「降神の儀」のあとは「祝詞奏上(のりとそうじょう)」がはじまりました。「祝詞(のりと)」とは、神様に崇敬の意を表し、加護や利益を得んとする文章のことです
181211 (6)

▼祝詞奏上が終わると、一旦テントの外に出て、施主ご一家にも参加していただく「四方祓いの儀」と続きます
181211 (7)

▼ご主人にはお神酒、奥様にはお塩を敷地の中に撒いていただきます
181211 (8)
181211 (9)

▼テントの中に戻ってきました。神事はまだまだ続きます 続いて、「地鎮の儀」です。まずは、ご主人にはご一緒に「刈初の儀」をおこなっていただきました
181211 (10)

▼続いて奥様には「鍬入れの儀」をおこなっていただきました。「エイッ!エイッ!エーイッ!」と掛け声が響きます
181211 (11)

▼福岡工務店からは、住宅コンシェルジュの畑瀬と現場監督の田之上が「杭打ちの儀」をおこなわせていただきました
181211 (12)

▼次は、「玉串奉奠」です。玉串は、榊(サカキ)という木の枝葉に紙垂(しで)を取り付けたものになります。これを神主さんよりいただき、ご神前にお供えします
181211 (13)

▼玉串に工事の無事安全と家内安全を祈念し、ご神前に捧げます
181211 (14)

▼福岡工務店からは設計士の石田と不動産福岡の高橋が代表して、玉串奉奠をしました
181211 (15)

▼最後は「昇神の儀」にて、神様にお帰り頂き、始まりの時と同じようにご神前に向かって一礼です
181211 (16)

▼地鎮祭のしめは、祭壇のお神酒で乾杯をします。お子様やお車の方は飲むマネで大丈夫です
181211 (17)

▼これからの工事安全と家内安全を祈って「乾杯
181211 (18)

▼神主さんから施主に「上棟札」の進呈です。この上棟札は、上棟式まで大切に保管していただき、棟上げが終わったころに棟梁の手によって、屋根裏に設置されます
181211 (20)

▼地鎮祭行事が終わったら、設計士の石田と現場監督の田之上を中心に敷地の確認や今後の工程のお話をさせていただきました
181211 (21)

▼敷地の説明が終わると、ご近所へのごあいさつ回りです。何事も最初が肝心福岡工務店では、施主とご一緒にご近所へのご挨拶に回らせていただいております
181211 (22)

▼本日の地鎮祭、誠におめでとうございますこれから始まる念願の家づくり。ぜひ楽しまれてください
181211 (19)

福岡市南区K 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

こんにちは

昨日12月8日(土)、福岡市南区にて地鎮祭を執り行いました

昨日から気温10℃を下回り、思わず「さむっ」っと口に出してしまうような本格的な寒さになりましたが、当日はテントの中にストーブを設置し、寒さに負けず無事に地鎮祭を執り行うことができました

それでは、早速、地鎮祭の様子をリポートしたいと思います

▼午前11時45分、テントと祭壇の準備が整いましたあとは施主ご一家を待つのみです
181208 (1)

▼施主ご一家が到着しました。まず初めに現場監督の古藤がご挨拶をさせていただきました
181208 (2)

▼地鎮祭のテントに入る前に手のお清めをおこないます。今日は寒いのでより一層水が冷たく感じます
181208 (3)

▼いきなり地鎮祭を始めるのではなく、神主さんから地鎮祭の儀式の流れの説明がありますので、これから地鎮祭をおこなう方はご安心ください
181208 (4)

▼午後0時、地鎮祭スタートですまずは全員で祭壇に向かって深く一礼をします
181208 (5)

▼着席すると、神主さんが「大幣(おおぬさ)」を左右に振るい、参列者のお清めをします
181208 (6)

▼続いて神主さんが神様をこの地にお招きするための「降神の儀(こうしんのぎ)」、お招きした神様へ祝詞を捧げる「祝詞奏上(のりとそうじょう)」と続きます
181208 (7)

▼神主さんが祝詞を読み上げている間、祭壇に向かってご低頭をしていただきます。神主さんの朗々とした声が響き、辺り一帯が厳粛な空気に包まれます
181208 (8)

▼祝詞奏上が終わると、土地の四方をお清めする「四方祓いの儀」をおこなうために一度テントの外に出ていただきます
181208 (9)

▼まず初めに神主さんが地面に立っている「御幣(ごへい)」に向かい、大幣を大きく左右に振ります
181208 (10)

▼そしてご主人にはお神酒、奥様にはお塩を順番に撒いて頂きます
181208 (11)

▼御幣に向かって一礼し、左・右・真ん中の順で一か所に三回撒いていただきます
181208 (12)

▼四隅すべてお清めが終わると、余ったお神酒とお塩は敷地の中にも撒いていただきます
181208 (13)

▼テントの中に戻ると、地鎮行事である「刈初の儀(かりそめのぎ)」をにおこなっていただきました。山はこの敷地を表し、「敷地の草を刈り取りますよ~」という意味があります
181208 (14)

▼続いて奥様には「鍬入れの儀(くわいれのぎ)」です。「建築するために敷地を整地しますよ」と土地の神様にお披露目します
181208 (15)

▼最後に「施工会社がしっかりと丈夫な家を建てます」という意味がある「杭打ちの儀」です。コンシェルジュの池田と現場監督の古藤が杭を打ち込みました
181208 (16)

▼地鎮の儀が終わると、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。玉串に今後の工事安全、そしてご家族の家内安全の願いを込めます
181208 (17)

▼福岡工務店からは代表して設計士の朴と不動産福岡の高橋が玉串奉奠をさせていただきました
181208 (18)

▼最後は「昇神の儀(しょうしんのぎ)」を行い、神様へお戻りいただきます。地鎮祭の始まりと同じくご神前に向かって深く一礼をします
181208 (19)

▼地鎮祭の締めは、これからの工事安全と家内安全を祝って全員で祭壇のお神酒で乾杯です
181208 (20)

▼地鎮祭の後は、設計士の朴と現場監督の古藤を中心に敷地の確認をおこないました
181208 (21)

▼そしてご近所へ挨拶まわりです。スタッフも一緒に向かいますので、分からないことがあればその都度お尋ねください
181208 (22)

▼この度は地鎮祭、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひとも楽しまれてください
181208 (23)

1 2 3 4 32