上棟式 一覧

福岡市早良区D 注文住宅建築現場リポート④

こんにちは。

4月19日(金)は福岡市早良区にて上棟式を取り行いました。

この日は、春の暖かさを感じる心地よい快晴絶好の上棟日和です一日中天気も良く、また、熟練の大工職人たちのチームワークでいつもより早く作業を進めることが出来ました。

それでは、早速上棟式の様子をリポートさせていただきます

▼午前8時、建物の四方を固める「四方固め」が始まります。遠方にお住まいのお施主様に代わって、棟梁の松浦、現場監督の小屋町、中村が四方を清めさせていただきました。
190419吉澤様上棟式_002-min
190419吉澤様上棟式_003-min

▼「四方固め」を行い、ご家族の幸せと、これからの工事の安全を祈願して、全員で乾杯です
190419吉澤様上棟式_004-min

▼午前8時15分、上棟作業の開始です。大工職人たちのチームワークであっという間に柱が立ちます。沢山ある部材は、あらかじめ所定の場所に置いているので、効率よく安全に作業が進められるようになっています
190419吉澤様上棟式_005-min

▼柱を建て終わると、ここからは「梁」や「胴差し」といった横の部材を柱に設置していきます。
190419吉澤様上棟式_006-min

▼複雑に入り組んだ柱と梁は確認しながらしっかりと組み合わせ、「かけや」という木槌で打ち込みます。190419吉澤様上棟式_008-min
190419吉澤様上棟式_012-min
190419吉澤様上棟式_011-min

▼午前8時30分、約30分で1階の柱と梁を組み終わりました。俯瞰してみるとまるで碁盤の目のようですね。190419吉澤様上棟式_013-min

▼続いて梁同士・または柱と梁を専用の金具「羽子板金物」で固定していく作業です
190419吉澤様上棟式_009-min

▼同時進行で、一階では「建て入れ直し」の作業がはじまりました。大切な作業なので、棟梁の松浦大工が責任をもって確認します。
190419吉澤様上棟式_014-min

▼立て入れ直しでは、柱に「下げ振り棒」と呼ばれる振り子がついた器具を柱に巻き付けて、垂直になっているかミリ単位で確認する作業です。
もし、少しでもズレている場合には、「屋起こし器」で調整していきます
190419吉澤様上棟式_016-min

▼1階の柱が全て垂直になったら、2階の床板を敷いて、手際よく作業をしていきます。
190419吉澤様上棟式_017-min
190419吉澤様上棟式_018-min

▼あっという間に2階の床板を設置できました
190419吉澤様上棟式_019-min

▼2階の床板ができたところで、2階の柱を搬入です
190419吉澤様上棟式_020-min

▼クレーンで運んだ柱を上にいる大工職人が受け取り、立てていきます
190419吉澤様上棟式_023-min

▼1階と同様に2階も梁と胴差を設置し、手際良く作業をすすめていきます
190419吉澤様上棟式_059-min
190419吉澤様上棟式_024-min

▼午前9時55分、上棟スタートから1時間40分でここまで進みましたここから屋根の施工が始まります。
190419吉澤様上棟式_026-min

▼大工職人が現場監督の中村に手渡しているのは「小屋束」といわれる屋根を支える柱です。屋根の勾配に合わせて長さが変わります
190419吉澤様上棟式_029-min

▼小屋束の上には、「母屋」という横架材がかけられ、一番高い横架材を「棟木」と言います。棟木が取り付けられた時点で「上棟」を迎えます
190419吉澤様上棟式_030-min

▼小屋束と母屋には「かすがい」という金物が取り付けられます。
190419吉澤様上棟式_032-min

▼「子はかすがい」ということわざは、まさにこの金物のことです
190419吉澤様上棟式_031-min

▼屋根の施工が進んでいる最中、2階では、なにやら丸川大工がのみと金づちで柱を削っています
190419吉澤様上棟式_033-min

▼窓の下地となる窓台の取り付けでした
190419吉澤様上棟式_034-min

▼木材がきれいにピッタリはまってますこのように細かい作業は大工職人の腕の見せ所ですね
190419吉澤様上棟式_035-min
190419吉澤様上棟式_039-min

▼午前中の休憩時間に、お施主様が現場に到着されました。棟梁の松浦大工がご挨拶です
190419吉澤様上棟式_036-min

▼休憩後、壁に耐力面材を取り付ける工事にとりかかります。室内側にいる松浦大工が、足場にいる西大工へ、柱と柱の隙間から耐力面材を手渡します
190419吉澤様上棟式_041-min
190419吉澤様上棟式_042-min

▼屋根では、垂木の設置が始まっていました
190419吉澤様上棟式_043-min

▼垂木の設置が終わると、続けて外断熱材のキューワンボードを取り付けます。この断熱材には、銀色に光り輝くアルミ素材のシートが貼ってあり、遮熱効果があります
190419吉澤様上棟式_044-min
190419吉澤様上棟式_058-min

▼片面の屋根の断熱材が設置できたところで、お昼ごはんのお時間です
190419吉澤様上棟式_045-min

▼昼食会では、コンシェルジュの高橋が司会を務め、お施主様、スタッフ、大工職人でお弁当をいただきました
190419吉澤様上棟式_046-min

▼昼食会の後は設計士の朴が、図面と照らし合わせながら現場をご案内させていただきました
190419吉澤様上棟式_047-min

▼さて、おいしいお弁当をいただきリフレッシュしたところで、午後の上棟作業スタートです
190419吉澤様上棟式_043-min

▼現場監督の中村が垂木と母屋の隙間を「発泡ウレタン」で埋めていました
190419吉澤様上棟式_049-min

▼高気密・高断熱の家を実現させるために、ほんの小さな隙間でも見逃さず、施工を行っていきます
190419吉澤様上棟式_040-min

▼こちらは下屋の施工をしています。ここも「発砲ウレタン」を施しています
190419吉澤様上棟式_052-min

▼キューワンボード同士の隙間は気密テープでふさいでいきます。テープの貼り方にもこだわりがあり、横方向から縦方向の順で貼っていきます。
これは、もし通気層に雨水が浸入したとしても、水が綺麗に流れていくようにするためです
190419吉澤様上棟式_050-min
DSC_1456-min

▼キューワンボードの上には、通気層を確保する「通気胴縁」の取り付けです
190419吉澤様上棟式_053-min
190419吉澤様上棟式_055-min

▼上棟式で大工職人がおこなう最後の工事「野地板」の設置です。1枚の大きな板を運び、ビスで通気胴縁に打ち付けます
190419吉澤様上棟式_054-min

▼この後、屋根の防水処理「ルーフィング」がおこなわれます
190419吉澤様上棟式_057-min

▼この度の上棟式、誠におめでとうございますこれからも末永いお付き合いを宜しくお願い致します
190419吉澤様上棟式_056-min

福岡県春日市D 注文住宅建築現場リポート⑤ ~祝・上棟式~

こんにちは(^^♪

昨日4月18日(木)は、福岡県春日市にて上棟式を執り行いました
この日はスッキリとした青空が広がる絶好の上棟日和お子様のもねちゃんも出来上がっていくお家にニコニコの上棟式になりました

それでは早速上棟式の様子をリポートさせていただきます

▼午前7時、今回上棟式をおこなう現場です。昇っていく朝日が清々しいです
fkt_002

▼午前7時45分、施主ご家族が現地に到着したところで、「四方固め」がおこなわれます。今回の棟梁は泊 好樹大工です
fkt_007

▼泊大工に続いて、もねちゃんとご主人も四方固めをおこないました
fkt_010
fkt_022

▼午前8時、施主ご一家の益々のご繁栄と工事の安全を祈念して「乾杯
fkt_024

▼乾杯の後は上棟作業のはじまりです大工職人が一斉に柱を所定の位置に建てていきます
fkt_027

▼柱の上には梁や胴差などの横架材を設置します。
fkt_035

▼設置した梁は「かけや」という木槌で打ち込みます
fkt_045

▼今回はクレーン車なしの手運びの上棟式です。大工職人みんなで息を合わせます
fkt_049
fkt_057

▼午前8時30分、約30分で1階の柱と梁を組み終わりました。続いて梁同士・または柱と梁を「専用の金具」で固定していく作業です
fkt_069

▼たくさんの金具を取り付けるので、現場監督も取り付け・確認です
fkt_082

▼同時進行で、「建て入れ直し」の作業がはじまりました大切な作業なので、棟梁の泊大工が責任をもって確認します
fkt_083

▼2階の柱を手運びで搬入している様子です。太くて大きな梁を運ぶ大工職人、力持ちです
fkt_104

▼下から2階にいる大工職人に手渡します。「せーのっ!」の掛け声が聞こえてきます
fkt_472
fkt_471

▼搬入された2階の柱も、大工職人の素早い作業によって立てられました
fkt_130

▼2階の横架け材も1階と同様に立てていきます
fkt_148

▼2階もしっかりと建て入れ直しが行われます。真剣な表情、少しのゆがみも見逃しません
fkt_167

▼2階の2階の天井部分まで組み終わり、ここからは、屋根の施工に移ります
fkt_194

▼屋根を支える柱「小屋束」を立てたところで、午前中の休憩時間です。もねちゃんのかわいい笑顔をパシャリ
fkt_417

▼もねちゃんのおやつはみんな大好きコアラのマーチとてもご機嫌です
fkt_406

▼さて午前10時50分、作業開始です小屋束の上に「母屋」を設置します。さらにそれを固定するために「かすがい」というホッチキスのような金具を取り付けます
fkt_206

▼取り付けた母屋にゆがみがないか現場監督の小屋町が確認します
fkt_237

▼さらに反対側からは現場監督の中村もチェック入念なコンビプレーです
fkt_238

▼「垂木」の取り付けがスタートし、屋根の施工もそろそろ中盤に差し掛かってきました現場監督の小屋町も、金づちを手に加わります
fkt_249

▼垂木と母屋の間に生じやすい隙間を「発泡ウレタン」で施工していきます高気密にこだわる福岡工務店の家は、細かな気遣いとバツグンの施工技術によって支えられています
fkt_262
fkt_260

▼垂木の固定まで終わると、福岡工務店の特徴である外断熱材のキューワンボードの設置です
fkt_274

▼午前の作業もひと段落、お待ちかねの昼食会がスタート
fkt_287

▼おいしいお弁当を頂いた後は、設計士の朴と現場監督の小屋町を中心に現場をご案内させていただきました
fkt_369

▼午後1時40分、午後の作業がスタートしましたキューワンボードを設置し終えたら、ボード同士の間を「専用の気密テープ」でぴったりと塞いでいきますここも、高気密・高断熱にこだわる福岡工務店ならではの工夫がつまっているポイントです。
fkt_374

▼キューワンボードの施工が終わると、続いて空気層を確保するための「通気胴縁」の施工です。それと同時にキューワンボードを垂木と通気胴縁で強固に挟んで固定する役割も担います
fkt_399

▼先ほど取り付けた、通気胴縁に合わせて、しっかりと板を固定していきます
fkt_423

▼一方その頃、棟梁の泊大工は間柱の設置です。屋根を施工する大工職人と壁を施工する大工職人に分かれて作業をしています
fkt_426

▼専門の業者による防水シートの設置、「ルーフィング作業」も行われました
fkt_445

▼本日の上棟式、誠におめでとうございますこれからも末永いお付き合いを宜しくお願い致します
fkt_449

福岡市中央区C 注文住宅建築現場リポート⑤ ~祝・上棟式~

こんにちは(^^♪

昨日4月13日(土)福岡市中央区にて上棟式を執り行いました
ちょうどいい気温と爽やかな青空に恵まれ、大工職人の作業も順調に進んだ上棟式となりました

それでは早速上棟式の様子をリポートさせていただきます

▼午前7時50分ごろ、上棟作業にかかせないラフタークレーン車が現場に到着しました
20190413 (2)

▼工事期限は、令和元年7月まで。平成から令和という、まさに時代を超える建築が今始まります
20190413 (1)

▼施主ご夫婦が現地に到着したところで、現場監督の中村が棟梁の高田大工を紹介します
20190413 (3)

▼「四方固め」が始まりましたまず棟梁の高田大工が建物の四方にお米を置きます
20190413 (4)

▼続いてご主人にお神酒、奥様にお塩をまいて頂き、清めます
20190413 (5)

▼午前8時5分、これから始まる工事の安全そしてご家族の家内安全を祈り、「乾杯
20190413 (6)

▼さて、乾杯が終わり、いよいよ上棟作業スタートです。大工職人が一斉に1階の柱を所定の位置に建てていきます
20190413 (7)

▼柱を建て終わると、続いて梁や胴差しと呼ばれる横架材の設置が始まります
20190413 (8)

▼おっ2人一組で作業しているのは、泊大工長年、福岡工務店で親子二代にわたって大工職人をしています息がピッタリです
20190413 (9)

▼午前9時5分、上棟作業スタートから1時間ほどで梁の設置まで終わりました上から見るとまるで囲碁の碁盤の目の様に見えます
20190413 (10)

▼2階の床板を搬入し、敷いていきます。柱と同様に床板もそれぞれ設置する位置が決まっています
20190413 (11)

▼続いて2階の床板の上に2階の柱を搬入し、大工職人が一気に建てます。クレーン車ときちんと連携を取り、正しい材料を正しいタイミングで搬入します
20190413 (12)

▼軒桁と梁の凸凹を組み合わせていきます。昔は、大工職人がこうした凸凹をノミとカンナで削っていましたが、時代は進み、ほぼ工場にてプレカットと呼ばれる工法で、現場に搬入されます。
20190413 (13)

▼ピッタリはまりました。あとは、かけやで打ち込んでいきます。
20190413 (14)

▼組み合わせた梁は、さらに頑丈にするために金物でしっかりと固定します
20190413 (15)

▼こちらのお家は小屋裏収納がある間取りですので、2階の梁の上にさらに床板を貼ります
20190413 (16)

▼「小屋束」という屋根を支える柱を取り付け、「母屋」という横架材を設置します。かけやで打っている1番高い横架材を「棟木」と言い、「棟木」が設置されると、晴れて上棟を迎えます
20190413 (17)

▼一方、棟梁の高田大工は、2階の柱がまっすぐ建っているか水平器で調べていました。建物が正確にできているかを確認するのも棟梁の務めです
20190413 (18)

▼「棟木」と「母屋」が取り付けられたところで上棟作業はここでストップし、昼食会のお時間です
20190413 (19)

▼昼食会では、施主ご家族と福岡工務店のスタッフと大工職人でお弁当をいただきました
20190413 (20)

▼おいしいお弁当の後は、現場見学です設計士の朴が図面と照らし合わせながらご案内させていただきました
20190413 (21)

▼午後1時50分、午後の上棟作業スタートです泊大工が設置した母屋が歪んでいないか真剣に確認します
20190413 (22)

▼母屋の上には、屋根を支える垂木が設置されます。
20190413 (23)

▼「垂木」が設置された、軒先は隙間が生じやすい箇所になるので、現場監督の中村が発泡ウレタンフォームでしっかりと塞ぎ、気密処理をしていきます
20190413 (24)

▼上棟作業も終盤に差し掛かります銀色の断熱材である「キューワンボード」を垂木に取り付けます
20190413 (25)

▼屋根の最高部となる「棟」部分は、屋根の勾配に合わせて、キューワンボードをカット。少しでも隙間が生まれると、気密性が低下するので大切な部分です。
20190413 (27)

▼キューワンボードの固定が終わると、あとは専用の気密テープで繋ぎ目の隙間を完全になくしていきます。この作業が家の性能を大きく左右するので、現場監督の中村も入念に貼り付けていきます。
20190413 (26)

▼キューワンボードの次は、通気層を確保する「通気胴縁」の取付です。壁と壁との間にたまる、湿気を逃がす重要な役割を担います
20190413 (28)

▼さあ、大工職人による棟上げ作業はこれで最後です。こらから、屋根の下地板となる「野路板」の取付をします。あとは、ルーフィング専門業者の職人の手によって、雨が降っても大丈夫なように防水シートを張ります
20190413 (29)

▼この度の上棟式、誠におめでとうございました。これからも末永いお付き合いを宜しくお願い致します
20190413 (30)

1 2 3 4 35