上棟式 一覧

福岡市南区H 注文住宅建築現場リポート⑤ ~祝・上棟式~

こんにちは!
本日7月14日(土)、福岡市南区にて上棟式を執り行いました
本日の最高気温は33℃、立っているだけでも汗が滲み出てくるような暑さでした
終始晴天に恵まれたおかげで、施主ご一家にも上棟式の様子を見ていただく事が出来ました!

それでは、早速上棟式の様子をリポートさせていただきます

▼午前7時20分、現場にラフタークレーン車が到着しました
180714 (1)-min

▼午前8時、施主ご一家が到着現場監督の古藤が、棟梁の泊好樹大工をご紹介!
180714 (2)-min

▼挨拶のあとは、早速「四方固め」を行いました今回のお清めでは、2人のお子さまにお米とお塩を置いていただきました
180714 (3)-min

180714 (4)-min

▼最後は、ご主人にお神酒を撒いていただきました!
180714 (5)-min

▼土地のお清めが完了したら、施主ご一家や大工職人たちが集合これからの工事の無事、そしてご家族の末永い繁栄を願って「かんぱーい!」
180714 (6)-min

▼午前8時10分、上棟作業(建て方)がスタートまずは、所定の位置へ柱を配置していきます。
180714 (7)-min

▼外側→内側の順で柱を立ち上げていき、約10分ほどでほとんどの柱が綺麗に立ち並びました
180714 (8)-min

▼次に、「梁」を柱の上に設置していきます梁は「横架材」の一種で、家を支える重要な部材です。重たいものだと男性数人がかりでも持ち上がらないので、ここからはクレーン車も作業に加わります
180714 (9)-min

▼梁の取り付けがある程度完了したところで、「建て入れ直し」がはじまりましたまずは写真のように、柱に「下げ振り棒」を取り付けます。振り子が真下を指していたら柱が垂直になったことを示します。ミリ単位での調整が必要となり、少しでもズレていると「屋起こし器」で修正していきます
180714 (10)-min

▼しっかりと真下を指していますこの建て入れ直しは、家が傾かないように行うため、柱一本一本に丁寧に行われます。
180714 (11)-min

▼全ての柱が垂直になりました梁の設置も完了し、美しいマス目を描いていますね
180714 (12)-min

▼こちらは、柱と梁をつなげる金物の隙間に「発泡ウレタン」を流し込んでいます。発泡ウレタンで埋めることにより、隙間もなくなり、気密性がより高められていきます
180714 (13)-min

▼2階の床板が運ばれてきました
180714 (14)-min

▼大工職人たちの熟練の技によって、床板が隙間なく敷き詰めてられていきます
180714 (15)-min

▼午前9時40分ごろ、床板の設置が終わったところで、プチ休憩タイム現場を支える大工職人たちの表情も、ふわっと和らぎます
180714 (16)-min

▼2階の柱の設置がはじまりました1階と同様に、まずは柱の配置からはじめていきます。
180714 (17)-min

▼1階と比べて建物自体に高さがあるので、クレーン車の誘導も一苦労大工職人と現場監督が連携をとり、作業を進めていきます
180714 (18)-min

▼2階天井部分の梁も、無事に設置し終わりました
180714 (19)-min

▼建て入れ直しと同時進行で、梁や柱に専用の金物を取り付けていきます固定まで完了したら、次に「屋根の施工」に移ります!
180714 (20)-min

▼午前11時過ぎ、屋根の施工がはじまりました。まずは、屋根を支える柱「小屋束」を取り付け、横架材である「母屋」を設置していきます
180714 (21)-min

▼こちらは、「棟木」の取り付けの真っ最中ですこの棟木が付くことにより、「上棟」を迎えます
180714 (22)-min

▼無事に上棟を迎えましたが、上棟作業はまだまだ中盤ですほかの小屋束にも、母屋を設置していきます。
180714 (23)-min

▼写真中央で差し込まれている、細い柱は「間柱」です。主に、耐震面材などを取り付けるために必要な下地材の役割を担っています
180714 (24)-min

▼同時進行で「垂木」の設置も行われていました。垂木のおかげで、屋根の形がはっきりと見えてきました
180714 (25)-min

▼続いて、外断熱材「キューワンボード」の施工です福岡工務店の誇る「高断熱」の家には欠かせないキューワンボード。通常の外断熱材と違い太陽の熱を遮る遮熱対策として、特殊加工されたアルミ素材で覆われていますそして、時間はもうすぐお昼時。お待ちかねの昼食会の時間がちかづいてきました
180714 (26)-min

▼午後0時20分過ぎ、お楽しみの昼食会がはじまりました全員で乾杯をし、暑さにも負けないくらい賑やかな中、昼食会が行われました
180714 (27)-min

▼昼食会の後は、恒例の現場見学のお時間です可愛いお子さま達のツーショットを、記念にパシャリ
180714 (28)-min

180714 (29)-min

▼楽しかった昼食会も終わり、午後2時ちょうどから作業再開午前中に敷いていたキューワンボードを一気に仕上げていきます。
180714 (30)-min

▼こちらは、「専用の気密テープ」を貼り付けている途中です。キューワンボード同士や屋根と壁面のあいだに生じる隙間を、綺麗に処理していきますまた、この作業もとても重要です。少しでも貼るのがズレると建物の気密性が悪くなります。貼り方にもこだわりがあり、横方向→縦方向の順で貼っていきます。これは、万が一通気層に雨水が浸入しても、水が綺麗に流れていくようにするためです
180714 (31)-min

▼テープの施工が終わったら、次は「通気胴縁」の設置です。屋根と断熱材の間に、通気層を確保してくれる大事な工程です。
180714 (32)-min

▼大工職人による本日の作業は、いよいよ最後です。屋根の下地板となる「野地板」の設置です。
180714 (33)-min

▼余分な板をカットし、作業はひと段落をむかえます。その後、防水工事を専門とするルーフィング業者の職人によって、何重にも防水シートが施工されます。
180714 (34)-min

▼この度の上棟式、誠におめでとうございます引き続き、素敵で楽しい家づくりをお楽しみください
180714 (35)-min


福岡市博多区A 注文住宅建築現場リポート④ ~祝・上棟式~

こんにちは!
本日7月9日(月)、福岡市博多区にて上棟式を執り行いました
ここ連日の大雨から一転スッキリとした青空に恵まれ、スタッフと大工職人もほっと一安心。作業も順調に進み、素晴らしい上棟式となりました

それでは、早速上棟式の様子をリポートさせていただきます

▼午前7時20分ごろ、上棟式には欠かせないラフタークレーンが到着
180709-jyoutou (1)

▼施主ご夫婦が到着されました太陽がまぶしい最高の天気に、話も弾みます
180709-jyoutou (2)

▼挨拶の後は、建物の四方を清める「四方固め」が始まりました
180709-jyoutou (3)

180709-jyoutou (4)

▼四方固めと乾杯の後、午前8時すぎから「上棟作業」がスタート
180709-jyoutou (5)

▼施主ご夫婦には、ゆっくりと上棟作業を見ていただく事が出来ました
180709-jyoutou (7)

▼現場では、最も長い柱「通し柱」が立ち上がり終わったところでした次に外側、内側の柱の順で作業は進んでいきます。
180709-jyoutou (8)

▼柱を立て終わると、「梁」「胴差し」などの「横架材」を取り付けていきます。ここからは、クレーン車も作業に加わります
180709-jyoutou (9)

180709-jyoutou (10)

▼現場で動く大工職人たちの動きを見守る、泊豊大工。重たい部材や重機を扱うため、安全第一を心がけています。
180709-jyoutou (12)

▼午前8時40分、約1時間で1階の柱と梁を組み終わりました
180709-jyoutou (13)

▼続いて、「建て入れ直し」の作業がはじまりました立っている柱が垂直になっているかを確認し、少しでもズレがあった場合はミリ単位の修正を行う、とても重要な工程です
180709-jyoutou (15)

▼ピッタリと真下を指しています建て入れ直しは、主要な柱一本ずつに時間をかけて行っていきます。
180709-jyoutou (16)

▼同時進行で、梁同士・または柱と梁を「専用の金具」で固定していく作業も行われます
180709-jyoutou (14)

▼現場下の敷地では、次に使われる「2階の柱」が運び上げられていました
180709-jyoutou (17)

180709-jyoutou (18)

▼2階の柱、横架け材も1階同様に立てていきます
180709-jyoutou (19)

▼こちらも、しっかりと建て入れ直しが行われますちょうど、確認の終わった柱に仮筋交いという施工を行っているところです
180709-jyoutou (20)

▼午前11時すぎ、2階の天井部分まで組み終わりましたここからは、屋根の施工に移ります。
180709-jyoutou (22)

▼下では、現場監督の中村が、断熱材を運び上げる準備の真っ最中現場監督は、作業が段取りよく進むよう、タイミングを見計らって動いていきます。
180709-jyoutou (23)

▼そして、午前11時10分ごろ、ついに屋根の一番高いところに「棟木」と呼ばれる木材が取り付けられました。この時点でついに「上棟」を迎えます誠におめでとうございます
180709-jyoutou (24)

▼そろそろ、お昼時。下が賑やかだったので覗いてみると、住宅コンシェルジュの平山と北嶋が、お昼の準備に来ていました
180709-jyoutou (25)

▼上棟を迎えましたが、作業はまだまだこれからです屋根を支える柱「小屋束」、横架材「母屋」をどんどん設置していきます
180709-jyoutou (26)

▼小屋束、母屋、棟木がすべて設置し終わりましたなだらかな斜面を描き、なんとなく屋根の形が見えてきた気がします。
180709-jyoutou (27)

▼こちらでは、高田大工が、小屋束同士を固定する「雲筋交い」を取り付けていました
180709-jyoutou (28)

▼お昼に差し掛かり、さらに日が強くなってきました田口大工もサングラスを装備し、日差し対策バッチリです
180709-jyoutou (29)

▼「垂木」の取り付けがスタートし、屋根の施工もそろそろ中盤に差し掛かってきました現場監督の小屋町も、金づちを手に加わります
180709-jyoutou (30)

▼母屋の上へ載せるように、垂木を一本ずつかけていきます。
180709-jyoutou (31)

▼現場監督の田之上は、部材と部材の間に生じやすい隙間を「発泡ウレタン」で施工していきます高気密にこだわる福岡工務店の家は、細かな気遣いとバツグンの施工技術によって支えられています
180709-jyoutou (32)

▼垂木もばっちり!等間隔に美しく並んでいます
180709-jyoutou (33)

▼午前の作業もひと段落、お待ちかねの昼食会がスタート棟梁を改めてご紹介した後、施主のご主人よりあたたかいお言葉を頂戴しました午後に向けて、美味しいお弁当をゆっくりと食べて英気を養います
180709-jyoutou (34)

▼昼食会の後は、恒例の現場見学のお時間です現場監督の田之上、小屋町、コンシェルジュの平山の三人が、ご主人をご案内しました
180709-jyoutou (35)

▼午後1時30分すぎ、午後の作業がスタートしました午前中に取り付けた垂木の上に、断熱材「キューワンボード」を設置します
180709-jyoutou (36)

▼キューワンボードを設置し終えたら、ボード同士の間を「専用の気密テープ」でぴったりと塞いでいきますここも、高気密・高断熱にこだわる福岡工務店ならではの工夫がつまっているポイントです。
180709-jyoutou (37)

▼この時間の最高気温は、32℃表面に、遮熱対策用の特殊なアルミ素材が貼ってあるキューワンボードの照り返しもあり、まさに汗が噴き出す状態です
180709-jyoutou (38)

▼次は、空気層を確保するための「通気胴縁」の施工です
180709-jyoutou (39)

▼通気胴縁を固定する前に、まずは手作業で一本ずつ釘を打ち、仮留めしていきます
180709-jyoutou (40)

▼屋根の施工も大詰め!大工職人が行う、本日最後の工程「野地板」の設置がはじまりました
180709-jyoutou (41)

▼先ほど取り付けた、通気胴縁に合わせて、しっかりと板を固定していきます
180709-jyoutou (42)

180709-jyoutou (43)

▼専門の業者による防水シートの設置、「ルーフィング作業」も行われました
180709-jyoutou (44)

▼本日の上棟式、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひ楽しまれてください
180709-jyoutou (46)


福岡市早良区梅林 注文住宅建築現場リポート⑤ ~祝・上棟式~

こんにちは

昨日6月23日(土)、福岡市早良区梅林にて上棟式を執り行いました
梅雨の真っただ中ということで、雨が心配でしたが昼から雨も上がり、この時期としては非常に作業のしやすい一日となりました。そして、お施主様のおじいさま、おばあさまも遠方からお越しいただき、素晴らしい上棟式となりました。

それでは、早速上棟式の様子をリポートさせていただきます

▼午前7時30分ごろ。上棟式には欠かせないラフタークレーンの到着です
20170623 (1)

▼午前8時ごろ、施主ご一家もご到着。現場監督の小屋町が、棟梁の松浦大工を紹介します宜しくお願い致します
20170623 (2)

▼挨拶が終わると、続いて建物の四方を清めていきます。棟梁の松浦大工を先頭に奥様、ご主人と続きますまずは、松浦大工がお塩を置きます。
20170623 (3)

▼奥様にはお米を置いていただきました
20170623 (4)

▼そしてご主人には、お神酒をかけていただきました
20170623 (5)

▼四方のお清めが終わると、工事の安全と施主ご一家の益々のご繁栄を祈念して全員で乾杯です
20170623 (6)

▼乾杯が終わると、ついに上棟作業がスタートまずは、2階の天井まで伸びる長い柱「通し柱」から立てていきます
20170623 (7)

▼続いて、柱を立てる前に「梁」や「胴差し」などの横架材を所定の位置に運びます。こうすることで、柱を立てる作業が容易にできるのです
20170623 (8)

▼柱を立て終わると、クレーンを使って次々に横架材を取り付けていきます。
20170623 (9)

▼大工職人は、一見すると話しかけづらいと思われるかもしれませんが、全然そんなことありません時々見せる笑顔は、ほっと癒されますよ~
20170623 (11) 20170623 (10)

▼現場監督の中村が上で見守る中、次々に部材を取り付けていきます。
20170623 (12)

▼約1時間でご覧の通り、1階の柱を立て終わりました。大工職人の見事な連係プレーです
20170623 (13)

▼続いて、柱が垂直になっているか確認し、少しでもズレがある場合には修正する「建て入れ直し」の作業です。ミリ単位の調整が求められる、とっても重要な工程です
20170623 (15)

▼ピッタリ垂直
20170623 (16)

▼建て入れ直しが終わると、梁や胴差しなど横架材同士を専用の金物で固定します。
20170623 (14)

▼現場監督の木村、真剣な眼差し
20170623 (17)

▼続いて、1階同様に2階の柱を立てていきます。まずは、外側の柱から立て、内側へと進みます。
20170623 (18)

▼こちらも、1階同様しっかり建て入れ直しをおこないます棟梁の松浦大工、床に這いつくばって確認中
20170623 (20)

▼2階の柱が全て垂直になると、こちらも先ほどと同様に専用の金物でしっかり固定していきます
20170623 (19)

▼おっ小屋裏に、普段は見かけない床板が敷き詰められていますそうなんです。ここは、ロフト空間になりますこれにはお子様もきっと大喜びですね今から完成が楽しみです
20170623 (21)

▼屋根を支える柱「小屋束」の設置と合わせて、「母屋」の取り付けも始まりました
20170623 (22)

▼そして、午前11時40分ごろ、ついに屋根の一番高いところに「棟木」と呼ばれる木材が取り付けられました。この時点でついに「上棟」を迎えます誠におめでとうございます
20170623 (23)

▼先ほど床板が敷き詰められていたロフトも、なんとなく空間の形がイメージできますそれにしても広いです建物の奥から手前まで全部ロフトの空間です
20170623 (24)

▼上棟を迎えましたが作業はまだまだ続きます。小屋束と母屋や棟木を「かすがい」という金物で固定していきます
20170623 (25)

▼続いて、小屋束がまっすぐ垂直になっているか、水準器を当てて確認。垂直になっていることを確認できたら、すかさず斜めの板「雲筋交い」で固定してます。
20170623 (27) 20170623 (28)

▼午後0時すぎ。「垂木」の取り付けまで、ほぼ終わり家の形がだいぶ見えてきましたそして、午前の作業はここで終了ですこの後は、待ちに待った昼食会のお時間です
20170623 (29)

▼昼食会では、お客様を担当する住宅コンシェルジュの池田が司会をさせていただき、棟梁を改めてご紹介。その後、施主のご主人よりありがたいお言葉を頂戴しましたこの後、設計士の朴より乾杯の音頭を取らせていただき、終始和やかな雰囲気で昼食会をおこないました
20170623 (30)

▼昼食会の後は、恒例の現場見学のお時間ですなんとご夫婦には屋根の足場まで上っていただきました奥には、お客様を担当する設計の朴、住宅コンシェルジュの池田、現場監督の小屋町、そして木村がいます
20170623 (31)

▼その頃、お子様二人はというとクレーンの運転席に座って、仲良く運転手ごっこをしていましたバッチリ決まっていますそれにしても可愛すぎます
20170623-(31_1)

▼午後2時ごろ、楽しかった昼食会も終わり、午後の作業がスタートしました。午後は屋根づくりがメインです現場監督の木村は、部材と部材の隙間が生じやすい場所に発泡ウレタンを施工していきます。平均気密値(C値)0.15の高気密な家を実現する福岡工務店の家は、こうした地道な作業によって実現できます
20170623 (33)

20170623 (32)

▼垂木の固定まで終わると、福岡工務店の特徴である外断熱材のキューワンボードの設置です。表面には、遮熱対策用の特殊なアルミ素材が貼ってあります。今日も鏡のように光り輝いていますね

20170623 (34) 20170623 (35)

▼キューワンボードの施工が終わると、続いて空気層を確保するための「通気胴縁」の施工です。っと同時にキューワンボードを垂木と通気胴縁で強固に挟んで固定します。
20170623 (37)

▼本日、大工職人がおこなう最後工程、「野地板」の施工です。先ほど取り付けた通気胴縁に固定していきます。
20170623 (38) 20170623 (39)

▼このあと、ルーフィング専門の業者によって、屋根の防水処理がおこなわれ、本日の上棟作業は全て終了となります
20170623 (40)

▼ロフトもバッチリ形になってきていました
20170623 (36)

本日の上棟式、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひ楽しまれてください

20170623 (41)


1 2 3 4 27