佐賀県三養基郡みやき町原古賀01 注文住宅建築現場リポート⑥

6月15日(木)晴れ梅雨に入っていますが、ほとんど雨も降らず晴天が続いています絶好のリポート日和となりました那珂川町より東背振トンネルを通って佐賀県三養基郡みやき町へ那珂川町の段々畑では、田植えがスタートしていましたそれから空梅雨が続いていますので、道中の南花畑ダムと五ケ山ダムもとても気なるところです・・リポートの最後に写真をアップしますね佐賀県三養基郡みやき町の現場です6月3日の上棟式、誠におめでとうございます

▼本日の現場です上棟式より12日目です耐力面材張りが進んでいます
20170615 (3)

20170615 (4)

▼耐力面材張りの様子です
20170615 (5)

▼耐力面材は、石綿不使用!と印字されています
20170615 (18)

▼早速足場を上がり、音のする方へ行くと、棟梁の泊大工が窓枠に合わせて裁断中です「こんにちは~お疲れ様です
20170615 (6)

▼2か所の窓の形が見えてて来ました
20170615 (7)

▼続いて、バルコニー側へこちらも窓が分かりますね
20170615 (8)

▼こちらは北側にある玄関の庇(ひさし)
20170615 (9)

▼更に足場を上がると青空と奥には山が広がりますおっなだらかな片流れのガルバニウム鋼板屋根です
20170615 (10)

▼それでは、建物の中へ窓の下地工事が終わり窓が搬入されています
20170615 (11)

▼さきほど泊大工が作業していたのは、パウダールームとトイレの窓です
20170615 (12)

▼2階にも窓が搬入中ですとても大きな窓ですね
20170615 (15)

▼斜めの木は「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています詳しくは、2016年10月号の福岡工務店だよりの「クイズ欠陥住宅」をご覧くださいませ

20170615 (16)

▼右下に施工している筋交いプレートをアップこちらも、2016年7月号の「クイズ欠陥住宅~金物編~」でも掲載しています地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、現場監督がしっかり検査を行います
20170615 (17)

▼窓枠をカットするまでの工程をリポートしますねまず、内側より耐力面材に窓の4角の穴を開けます
20170615 (13)

20170615 (14)

▼外に回り、耐力面材に墨出しをします
20170615 (20)

▼集塵付きの造作丸のこでカットしていきますすごい粉塵が出るので、泊大工は防御マスク使用中南風なので、私とカメラは粉塵が舞うことなくリポート出来ました
20170615 (22)

▼細かい確認をしています
20170615 (23)

▼まだまだ、窓の下地工事は続いていきます「泊大工、ありがとうございました失礼します~
20170615 (24)

▼本日のリポートの最後は、南花畑ダムと五ケ山ダムをパシャ節水対策しないといけないですね~
20170615 (1)

▼五ケ山ダム
20170615 (2)

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください