福岡県福津市A 現場リポート④ ~上棟式~

こんにちは1月11日(月)本日は福津市で上棟式を執り行いました
前々日までの天気予報では怪しい予報でしたが、晴天に見守られた上棟式の模様をお届けしたいと思います

▼7時過ぎの現場です。既に準備万端の様子
1)  早朝準備

▼とても広々とした敷地面積です。どんな建物になるのか楽しみですね
2) 準備

▼施主ご家族が到着されました。木村現場監督と田之上現場監督がお出迎えして四方のお清めについてご説明。
3) 施主到着

▼辻口棟梁もご挨拶し、一緒にお清めを始めます。
4)四方お清め前5)四方お清め

▼木村現場監督より安全を祈念してのご挨拶と乾杯です
6)木村現場監督挨拶

▼いよいよ上棟式の開始
7)上棟式開始

▼まずは、1階部分の柱を立ち上げていきます。
8)管柱立ち上げ

▼楽しみですね
9)見守る施主

▼1階柱に小屋梁を組んでいきます。クレーンを使ったり・・・
10)梁くみ上げ

▼時には人力で
11)人力

▼こちらは廊下ですねあっという間に1階部分が形づいてきましたよ
12)廊下

▼梁をしっかり金物で固定していきます。
13)俯瞰&吹き抜け

▼すじかいも手早く組まれています。
14)筋違い

▼この短い梁は「火打梁」というやつですね。こちらも金物でしっかり固定されています。
15)火打ち梁

▼1階部分が終わり資材が下ろされていきます。
16)資材

▼符号を目印に次々と配置されているのが分かります
17)通り符号

▼小屋束を立ち上げ始めました
18)小屋柱

▼何でしょう、独特な形をしているような・・・この奇麗な段差は?
19)小屋柱2

▼ほほ~片方の屋根が大屋根になるんですねっ
20)小屋柱3

▼こちらは1階のリビング上の小屋梁ですが、今回のこだわりポイントの一つでもあります。この梁、実は吹き抜けから見える梁となっており、「化粧梁」と言います。符号や溝が無いのが見えますか?組む時も傷をつけないようにあて木をして打ち込むんですよ
21)化粧梁

▼一足先にリビングから見上げてみました。吹き抜けの向こうに青空がっ上棟式の時だけの景色
22)吹き抜け

▼こちらの斜めになっている梁は「登り梁」といいます。この梁も化粧のようですね。
23)登り梁

▼登り梁も組まれいよいよ上棟目前
24)登り梁2

 

▼棟木が組まれました~
25)棟木

▼垂直確認もばっちり
26)棟木垂直

▼きれいなフォルムで棟木まで組まれています。
27)上棟!

▼吹き抜けからの眺めも清々しい
28)吹き抜け完成

▼午前中の作業で無事上棟まで完了しました
29)祝30)午前終了

▼昼食は、施主よりお弁当が振舞われましたまずはご挨拶を頂戴します
31)施主ご挨拶

▼田之上現場監督より乾杯の音頭をとても美味しく楽しい昼食、ごちそうさまでした
32)専務の音頭

▼昼食後に施主ご家族をご案内。木村現場監督と平山設計士が各所を説明しています。
33)ご案内

▼午後は大屋根の垂木からスタートです。
34)午後開始

▼さすがに大屋根というだけあってすごい量の垂木です・・・壮観
35)大屋根垂木36)大屋根&下屋

▼屋根断熱を敷き・・・
37)断熱剤

▼気密テープを施工していきます。
38)気密テープ

▼吹き抜けはこうなるんですね。まだ壁はありませんがとても解放感のある空間であることが分かります。
39)吹き抜け3

▼断熱剤の上にさらに垂木を施工します。
40)さらに垂木

▼野地板を敷いていきます。野地板の量も尋常じゃなかったです
42)野地板2

▼平屋なのにとても大きいですっ
43)上棟式完

 

さて、この後は大屋根の手前にある下屋、ルーフィングなどを施工してこの日の作業は完了となりました。
最後まで安全第一で無事上棟式が完了いたしました。
本日は上棟、誠におめでとう御座います

福岡市西区 現場リポート⑤ ~上棟式~

1月10日(日) 曇り→晴れ
こんにちは本日は、福岡市西区にて上棟式を執り行いました

この3連休、福岡工務店は3日続けて上棟式をおこなっております
本日もどうぞよろしくお願いします

▼朝7時半、すでに大工さんが到着していました大工さんは本当朝に強いです
20160110 (1)

▼そして、朝8時頃、施主ご一家の到着です
20160110 (2)

▼早速、工事の安全を祈念して、建物の四方をお清めしていきます。まずはご主人から御神酒をかけます
20160110 (3)

▼続いては~、施主のお嬢様、ゆづちゃんですお米を置いてもらいました
20160110 (4)

▼お次は~、なぎちゃん木村現場監督に教わりながら、お塩を置いてもらいまいた
20160110 (5)

▼工事の安全を祈念して、皆で乾杯です
20160110 (6)

▼本日、最初の柱ですヨイショ
20160110 (7)

▼全員で手分けして、一気に柱を立てていきます
20160110 (8)

▼施主ご一家も興味津津今しか見れない柱だけの状態です。しっかり写真に収めてましたよ~
20160110 (9)

▼大きな部材は、クレーンをつかって持ち上げ、三人がかりで固定していきます。20160110 (11)

▼泊(とまり)大工が、部材に掘られた凹凸を合わせて、「かけや」と呼ばれる木槌で力いっぱい叩いて固定していきます
20160110 (12)

▼突然ですが、ここで質問ですこちらの写真に写っている梁。違いがあるんですが皆さん分かりますか
20160110 (10)
↑実は、奥が「化粧梁」といい、見せるための専用の梁なのです。そのため、通常は手前のに梁のように文字が入っていますが、奥の梁は文字が入っていません。見た目もとっても綺麗です完成して見るのが楽しみです

 

▼遠くでは、寒い中、施主ご一家が見守ってくれていますありがとうございます
20160110 (13)

▼さて、柱と梁の設置が終わると、続いては横架材の取り付けです。
20160110 (14)

▼と同時に、別の大工が金物を配置していきます
20160110 (15)

▼この金物は、部材と部材を固定する重要な物です。丁寧に素早く取りつけて行きます。20160110 (16) 20160110 (17)

▼このころ1階では、ベテラン大工職人の高田棟梁と泊大工が、建物の垂直を図り、微妙なズレを修正していきます
20160110 (20)20160110 (18)

▼うんピッタリ垂直です
20160110 (19)

▼垂直がとれると、仮筋交いで建物全体を固定していきます
20160110 (21)

▼建物の垂直がとれると、2階では、床板を敷く準備に取り掛かります。床板を並べる基準となる線を「墨出し器」を使って一気につけます。
20160110 (22)

▼わかりますか写真だと分かりづらいですが、中心にちゃんと線が引かれています20160110 (23)

▼この線を基準に床板を敷いていきます。
20160110 (25)

▼一人は、コンプレッサー式のくぎ打ち機で、「プシュンプシュン」釘を打ち、もう一人は、少し出てしまった釘の頭を金づちでしっかり打ち込んでいきます
20160110 (27)

▼2階の床板を敷き終わりました
20160110 (26)

▼2階床板を敷き終わると、続いて2階の柱と梁がクレーンで運ばれてきました全員で手分けして所定の場所に置いていきます。20160110 (28)

▼柱と梁を「かけや」で叩きながら取り付けていきます。力を使う大変な作業でも、時より見せる一番奥の泊大工の笑顔が素敵です20160110 (29)

▼仮取り付けができると「インパクト」と呼ばれる道具で、金物を一気に締めていきます20160110 (30)

▼先ほど、笑顔見せていた、泊大工(奥)と木村現場監督(手前)。今度は真剣な表情で図面を見ながら打合せをしています20160110 (31)

▼「おっ!」なにやら大きな斜めの部材がクレーンで吊るされてきましたこちらは「登り梁」と呼ばれる梁です。通常、梁は横に設置しますが、 今回のお宅は屋根の勾配に合わせて斜めに掛けられる梁を採用していますこれは完成した時が楽しみです
20160110 (33)

▼そして、インパクトやレンチを使って金物をしっかり固定していきます
20160110 (34)20160110 (38)

▼朝方曇りだった空も、次第に晴れてきました絶好の上棟日よりです
20160110 (35)

▼11時頃、今日はいつもより少し早く、代表の阿久津や住宅コンシェルジュの樋渡、設計士の平山がやってきました樋渡は早速、上棟の様子をパシャリ20160110 (37)

▼斜めになっている部材の上を、大工たちは颯爽と駆け回ります大工職人の身のこなしは一見の価値ありです
20160110 (39)

▼母屋と小屋束を「かすがい」と呼ばれる金物で固定してきます。
20160110 (41)

▼こちらは、屋根の垂直を測っていますミリ単位で調整していきます
20160110 (42)

▼だんだんと屋根の形が出来上がってきましたよ~次は、「垂木」と呼ばれる部材が運ばれてきましたそして、午前中の作業は、ここで一旦終了です
20160110 (43)

▼12時過ぎ。施主のおもてなしによる昼食会の時間になりましたゆづちゃんが住宅コンシェルジュの樋渡に連れられて、初の我が家に入ります
20160110 (44)

▼住宅コンシェルジュの樋渡の司会で、昼食会がスタートしました。施主からは、工事の安全を祈念していただきましたありがとうございました20160110 (45)

▼昼食会の後は、これまた楽しみにしていた、現場案内ですなぎちゃんにヘルメットを被せているのは、設計士の平山。なぎちゃん、楽しそう
20160110 (46)

▼さあて、登るぞー
20160110 (47)

▼田之上現場監督が施主に施工状況を説明していきます気になることがあったら、お気軽にご質問ください20160110 (48)

▼ご夫婦は、2階よりさらに上の屋根まで上がりました。今しか見れない景色ですもんね1階の子どもたちが、大きな声で呼んでますよ~
20160110 (49)

▼13時過ぎ。楽しかった昼食会が終わり、上棟作業が再開されました
20160110 (50)

▼設置された垂木を釘でしっかり固定していきます
20160110 (51)

▼垂木の設置が完了すると、家の形がだいぶ分かってきます
20160110 (52)

▼2階から天井を見上げるとこんな感じです
20160110 (53)

▼続いて、垂木の上に屋根面の補強のために合板を敷いていきます
20160110 (54)

▼野地板が敷き終わると、家の後ろから屋根の外断熱材の「キューワンボード」が吊り上げられてきましたそれにしても、気持ちのいい快晴です20160110 (55)

▼外断熱材を野地板の上に並べていきます。この外断熱材は、夏の強烈な太陽光を遮れるように「遮熱対策」が施されており、両面にアルミ箔が貼っています。お陰で、鏡のように大工職人の姿が反射して見えます
20160110 (57)

▼断熱材と断熱材の繋ぎ目は、「気密テープ」でしっかり塞いでいきます。こうした細かい作業によって、高気密・高断熱の高性能住宅が造られていきます
20160110 (56)

▼1階に下りると、木村現場監督が施主から「上棟札」をいただいていました。これは、着工前の「地鎮祭」で、神主さんからいただいたお札です。上棟した後、屋根裏に棟梁の手によって取り付けられます
20160110 (61)

▼作業は、まだまだ続きますが、本日は、現場リポートスタッフの時間の都合により、屋根の外断熱材を貼った時点で、本日の現場リポートは終了です
この後、①「通気胴縁」と呼ばれる木の棒のようなものを取り付けて、②さらにその上に再び板を敷いて、③さらに防水シート貼って、本日の作業は終了となります20160110 (60)

▼本日のレポートの最後は、ゆづちゃんとなぎちゃんのナイススマイルでお別れです本日の上棟誠におめでとうございます20160110 (59)

福岡市南区屋形原 現場リポート⑤ ~上棟式~

1月9日(土) 曇り

こんにちは本日は、福岡市南区屋形原にて上棟式を執り行いましたっ
前日からの冷え込みが今朝も続いており、白い息が終日絶えませんでしたが、負けじと熱気に溢れる上棟式の模様をリポートしたいと思います

▼7時半、すでに大工さんが到着していました
1)7時30分

▼施主がご到着。泊棟梁と小屋町現場監督が挨拶しておりますが、本日は田之上現場監督も朝から応援に来ています

2)施主到着

▼まずは四方のお清めを行います
3)  お神酒

▼四方お清め後、小屋町現場監督から挨拶があり、いよいよ上棟式の開始です
4)  乾杯のあいさつ

▼1階の柱を立ち上げ始めます。2階の天井部分にある軒桁まで届く通し柱が一際目立ちますね
5)1階柱開始

▼周囲には一気に木材の香りが立ち込めてます
6)1階柱途中

▼1階柱が立ち上り始めて15分もしないうちに胴差しが組まれ始めています
7)1階梁開始

▼立派な梁ですね身軽な大工さんが力強く柱に打ち込んでいきます。
9)1階梁身軽

▼今回、クレーンによる資材搬入が常に行われていました。周辺の道路幅も広くは無い為、高所から資材を吊り上げては降ろしを繰り返しています。
10)資材搬入

▼かな~り高く・・・
12)クレーン高さ

▼こ~んなに高くまでクレーンが伸びています
13)クレーン全景

▼2階梁を組みながら2階の管柱も立て始めます。
14)2階柱開始

▼1階ではしっかりと垂直を確認していきます。大工さんそれぞれが役割を分担して各所で同時進行していきます
15)1階垂直

▼2階の梁に金物を取り付け始めていますが、この時だけは、現場が少し静かになります。
16)1階梁金物

 

▼とにかく黙々と金物を取り付けていきます
17)1階梁金物2

▼金物でしっかり固定した後は、2階の床材を敷いていきます
18)2階床材開始

▼こちらは、1階リビング上にあたる吹き抜けです。今回、1階リビングの解放感ある空間づくりに拘ったそうで、この吹き抜けが重要なアクセントになっています
19)吹き抜け

▼2階床材を敷き終えると残りの2階管柱を一気に立ち上げます。1階も2階も、柱の立ち上げは目を離すとあっという間に終わってしまいます。とにかく手際が良いっ
20)2階柱

▼こちらは・・・バルコニーですね
21)バルコニー作成

▼小屋梁もしっかり打ち込んでいます。
22)2階梁開始

▼おやいつの間にか金物に発砲ウレタン剤が施工されています
23)発砲ウレタン

▼発砲ウレタン剤の施工跡を追いかけると・・・田之上現場監督でしたか真剣な眼差しで丁寧に施工していました。
24)専務施工中

▼小屋梁にも金物を取り付け始めています。
26)2階金物

 

▼現場に見慣れない大工さんが・・・と思ったら営業担当の樋渡さんでした。到着早々にお手伝いです。大工さんに負けじと身軽に動きまわっていたのが印象的でした
27)営業担当手伝い

▼上ではいよいよ母屋が組まれ始めています
28)小屋塚組立

▼この一番高い部分に棟木が組まれると上棟です
29)上棟間近

▼棟木が組まれました~この後しっかりと垂直もとり上棟完了となりましたっ
30)棟木

▼午前中の作業も終盤、スパートをかけて垂木を施工中しっかりと屋根の形が見えていますね
31)屋根垂木

▼午前中だけでこんなに家らしく・・・感慨深いです
32)午前終了

▼昼食には、施主の奥様より暖かいだんご汁も振舞われました~指の先まで冷え切っていた撮影者には何よりも嬉しい心遣いでしたっ
33)温かい差し入れ

▼施主よりお弁当も振舞われました。ご挨拶を頂戴し、今日のよき日をおいしいお弁当と共にじっくり噛みしめました
34)昼食挨拶

▼今日、一番可愛い大工さんを発見 ちょっぴり重そうだけど笑顔が最高に可愛い~(最近、上棟式で恒例になりつつありますね・・・
35)可愛い大工さん

▼昼食後に施主をご案内。高い足場におっかなびっくりです。現場監督をはじめ数名の大人が万全の守りの態勢
36)施主ご案内137)施主ご案内2

▼午後は、垂木に屋根断熱を敷くことろから開始です。
38)午後開始


39)屋根断熱

▼高気密&高断熱の家を作る為、屋根の断熱剤にも隙間なく気密テープを施工します。
40)気密テープ

▼奇麗な屋根の形になりましたね
41)終了

 

本日も事故無く無事上棟式を終えました。
また、施主ご家族による温かいおもてなし、誠に有難う御座いました
本日は、本当に上棟おめでとう御座います

 

1 422 423 424 425 426 427 428 490