福岡市南区O 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

こんにちは

本日3月12日(火)、福岡市南区にて地鎮祭を執り行いました
元気いっぱいの2人のお子様のおかげで、とても楽しい地鎮祭となりました

それでは、早速、地鎮祭の様子をリポートしたいと思います

▼午前10時35分、テントと祭壇の準備ができました。あとは施主ご一家が来るのを待つのみです
DSC_0002

▼施主ご一家の到着ですテントに入る前にまずは手を清めます
DSC_0011
DSC_0015

▼神主さんから地鎮祭での作法について説明があります。皆様、ほとんどが初めてだと思いますが、こうしてきちんと説明がありますので、安心して地鎮祭に臨んでいただけます
DSC_0021

▼午前11時、「修祓(しゅばつ)」と声が発せられ、地鎮祭がはじまりました
DSC_0024

▼神主さんが持っているものは「大幣(おおぬさ)」と言い、祭壇や参列者全員をお祓いします
DSC_0027

▼神様をこの地にお招きする「降神の儀」、そして「祝詞奏上(のりとそうじょう)」に続きます。神主さんが大きな声が響きます
DSC_0033

▼テントの外へ出てきました。「四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)」では、ご主人にお神酒、奥様とお子様にお塩をまいていただきました
DSC_0039
DSC_0063-2

▼次男のたいきくん、豪快にお塩をまきます
DSC_0069-2

▼再びテントの中へ大地に生えている草を刈って、これから家を建てるということを神様にお披露目するための「刈初の儀(かりそめのぎ)」です
DSC_0075

▼続いて、土を耕し整地する意味がある「鍬入の儀(くわいれのぎ)」です。しゅんすけくんもたいきくんもチャレンジ
DSC_0080

▼施工会社がしっかりと丈夫な家を建てるという意味が込められている「杭打ちの儀(くいうちのぎ)」は、コンシェルジュの池田と現場監督の古藤が担当させていただきました
DSC_0094

▼続いて「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。玉串奉奠は、工事の無事竣工やご家族の健康、お子様の健やかな成長など、数々の思いを玉串(榊に紙垂をつけたもの)によせ、ご神前に捧げるものです
DSC_0098
DSC_0102

▼施主ご一家に続いて、福岡工務店を代表して設計を担当している石田が「無事にお家が完成しますように」と玉串に願いを込めて行わせていただきました
DSC_0119

▼最後は「昇神の儀(しょうしんのぎ)」にて、お呼びした神様にお帰り頂きますご神前に深く一礼をし、これで地鎮行事は終了となります
DSC_0122

▼地鎮祭が終わると、設計士の石田と現場監督の古藤を中心に、図面を見ながら建物が建つ位置の最終確認をしていただきました
DSC_0149

▼一方その頃、しゅんすけくんとたいきくんは兄弟仲良くテントの周りをかけっこ
DSC_0160
DSC_0152

▼打ち合わせが終わると、ご近所へのあいさつ回りへ向かいます。福岡工務店のスタッフも一緒に行きますので、ご安心ください
DSC_0167

▼この度の地鎮祭、誠におめでとうございます。これからの家づくり、ぜひ楽しまれてください
DSC_0141

福岡市南区K 注文住宅建築現場リポート⑥

3月11日(月)晴れ今日はとてもいい天気だったのですが、花粉もその分沢山飛散していて、花粉症を持っている人間にとっては少し辛い一日でしたでもお花見日和ですねまだまだ桜は咲いてないようですが、植物園などに行くと、春の花が沢山咲いていて、見ごろではないかな~と思います花より団子ではありますが本日は南区Kの現場からリポートをお伝えいたします

▼本日の現場ですキューワンボード貼りは終わって本日は外壁サイディングの工事が入っています
DSC_0026

▼玄関より早速中に入ります
DSC_0030

▼中に入ると早速リビングで棟梁の渡邊大工がボードカットの真っ最中です現場内とてもスッキリしています
DSC_0031

▼浴室にはシステムバスが搬入されていましたが、本日は中が汚れないよう開けないようにしました次回のリポートでお伝え出来たらと思いますお楽しみに
DSC_0033

▼こちらの住宅は、省令準耐火構造住宅ですので、ダクトは専用のものです煙火しにくい構造になっています
DSC_0034

▼天井が碁盤目の様になっているのは石膏ボード張りが進むと見れなくなってしまうので、パシャリ
DSC_0036

▼キッチンの床下収納になる部分です
DSC_0037

▼渡邊大工は養生ボードをカットしています真剣な眼差しでミリ単位も狂うことなくカットしていきます
DSC_0041

▼はしごで二階に上ってきました吹き抜け部分はたくさんの窓で明かりを取り入れ開放的な空間になりますまだ作業台がありますので、吹き抜けていませんが
DSC_0042

▼広々バルコニー
DSC_0047

▼渡邊大工にお礼を告げ、外に回ってきました外では只今、外壁サイディング工事の真っ最中外壁サイディングは、このように通気胴縁に金具で内側から固定釘が貫通することなく美しい仕上がりになります
DSC_0051

▼土に面していない部分には白い防水のウォーターガードが張られています縦の木材が、通気胴縁です通気胴縁とは、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるためのものです
DSC_0053

▼キッチンの換気用ダクトです福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています。福岡工務店では、現場監督が特にシビアにチェックしていきます
DSC_0055

▼外壁工事担当のお二人が外で外壁のカット中ですお疲れ様です~ありがとうございました
DSC_0056

それでは次回のリポートもお楽しみに(^^♪

福岡市南区M 注文住宅建築現場リポート⑦

3月11日(月)晴れ昨日の雨模様が嘘のように本日は絶好の行楽日和でしたねそろそろ春物に衣替えの時期かな~と思う今日この頃ですそろそろ桜も咲くころですね今年のお花見も楽しみですリポートに行った先々で季節を感じれるとても貴重な体験をさせて頂いております本日は南区Mの現場からリポートをお伝えいたします

▼本日の現場です
DSC_0001

▼早速中に入ってきました最初に目に飛び込んでくるのは、大きな窓でたくさんの明かりが入る広々リビング
DSC_0008

▼火打ち杭が見れます
DSC_0010

▼棟梁の松浦大工が作業中でしたこんにちは~お疲れ様です
DSC_0012

▼筋交いが分かります斜めの木が「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
DSC_0014

▼筋交い部分を繋ぐ「筋交いプレート」地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、金物検査では現場監督がしっかり検査を行います
DSC_0024

▼階段部分から一階フロアをパシャリ
DSC_0016

▼はしごで二階に上がってきました
DSC_0018

▼二階では現場監督の田之上が気密検査に向け、綿密な準備中ですお疲れ様です
DSC_0019

▼石膏ボードを張る前までしか見れない天井部分見れなくなる前にパシャリキラキラ断熱のキューワンボードが見えています
DSC_0020

それでは次回のリポートもお楽しみに(^^♪

1 2 3 4 5 6 7 456