福岡市早良区07 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは。リポート担当の有村です。1月29日(金)雪。本日は、上棟式直後の現場の様子をみていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼外側では、耐力面材あんしんの施工が行われていました。耐力面材を固定する釘のピッチ(距離)にも厳しい規定があり、社内検査と第三者機関による検査が行われます。

▼1階部分です。

▼棟梁の丸川大工です。応援に来ていた西大工と1階部分施工のため部材の整理を行っていました。いよいよ筋交いの施工からスタートしていくようです。

▼2階部分です。

▼こちらは吹き抜け部分ですが、現在は板が渡され、作業スペースとなっています。

▼こちらはこれから施行されていく耐力面材あんしんです。1枚1枚非常に重量のある部材なので慎重に施工が進められていきます。

▼屋根部分です。こちらでは、屋根職人が作業を行っていました。緑の防水シートをはり、上から屋根材を施工していきます。

この後、大工職人による木工事が本格的にスタートし、筋交いの施工、金物取り付けと作業が進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください