福岡市早良区05 注文住宅建築現場リポート②

こんにちは。リポート担当の有村です。3月12日(木)晴れ。本日は地鎮祭後どのように現場が進んでいるか見ていきましょう。
それでは早速リポートしていきます。

▼本日の現場です。配筋が進んでおり、現場監督による配筋検査が行われていました。

▼配筋の下に施されているグレーのシートは、ターミダンシートです。防湿・防蟻の大事な役割を果たします。
安全性も高く、環境にも優しい素材でできています。生コンクリート打ち込み前なので、今しか見ることが出来ません。

▼鉄筋の下に引いてあるブロックは、サイコロスペーサーと呼ばれるものです。
これを敷くことにより、コンクリートのかぶりを確保しています。

▼配管スリーブの取り付けも完了しており、しっかり養生されています。

▼型枠の内側に取り付けられている白いボードは、オプティフォームと呼ばれる基礎断熱材です。
弊社の特徴である高気密・高断熱を実現するのに欠かせないものとなっています。

▼担当現場監督の中村や応援に駆け付けた現場監督たちが配筋検査を行っていました。
図面を確認しながら配筋の組み方や寸法が適切になっているか検査を行います。

この後、コンクリート打設、土台敷きと上棟に向けて作業が進んでいきます。
それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください