福岡市早良区01 注文住宅建築現場リポート① ~地鎮祭~

こんにちは

4月9日(土)、糟屋郡志免町での上棟式とは別に、福岡市早良区にて地鎮祭も執り行いました

絶好の地鎮祭日和を迎えた現場からレポートさせていただきます

▼午後1時50分ごろ、施主ご一家が到着です。
140409 (1) 140409 (2)

▼いつもご依頼している春日神社の神主さんより、式の内容についての事前の説明が始まりました。地鎮祭は、皆様ほぼ初めての方ばかり。一から丁寧にご説明差し上げますので、どうぞご安心ください
140409 (3)

▼午後2時、ついに地鎮祭が始まりました
140409 (5)

▼まずは神主さんが「大幣(おおぬさ)」を使って祭壇と参列者をお祓いします
140409 (6)

▼お祓いの後は、「祝詞奏上(のりとそうじょう)」です神主さんによる祝詞が敷地全体に広がり、厳粛な気持ちにさせてくれます
140409 (8)

▼祝詞奏上に続いて神主さんを先頭に全員がテントから出てきました。これから「四方払いの儀」にうつります
140409 (9)

▼ここでも、手順について神主さんから説明があります。
140409 (10)

▼まずは、神主さんが敷地の四方お祓いします
140409 (11)

▼続いて、ご主人がお神酒をかけます
140409 (12)

 

▼続いて奥様がお塩をまきます。
140409 (13)

▼四方にまききれなかったお神酒とお塩は、敷地内にまいて全体を清めていきます
140409 (14)

▼続いて刈初(かりぞめ)、穿初(うがちぞめ)、杭打ち(くいうち)を行います。それぞれ、お清めされた土地で初めて草を刈り、土をおこし、杭をうちこむことを表しています。事前に神主さんから説明を受けていたこともあり一連の流れがスムーズに進行しました
140409 (15)

140409 (16)

 

▼続いては、玉串奉奠です。玉串とよばれる榊の小枝に幣(ぬさ)をつけたのを神前に捧げていきます神前に玉串を捧げた後は、2礼2拍手1礼です。140409 (17) 140409 (18) 140409 (19) 140409 (20)

▼玉串奉奠の次は、昇神の儀(しょうじんのぎ)です。式の初めにお迎えしていた神様にお帰り頂く儀式になります
140409 (21) 140409 (22)

▼さあ、地鎮祭の神事が終了しました最後は、全員でお神酒で乾杯です代表の阿久津のすました顔が印象的な写真が撮れました(笑)
140409 (23)

▼神主さんから、施主ご一家の健康と益々のご発展、そして工事の安全を祈念していただき、全員で乾杯です140409 (24)

▼地鎮祭が終了すると、福岡工務店のスタッフを先頭にご近所へご挨拶周りをおこなります。施主にとって、ご近所さんとは末永いお付き合いになりますので、施主の皆様が少しでも安心していただけるよう、スタッフ一同最大限のご協力をさせていただいております
140409 (25)

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください