福岡県早良区野芥01 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは。リポート担当の有村です。10月20日(火)晴れ。本日は、気密検査前の現場の様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。

▼外側には耐力面材あんしんが貼られており、その上から外断熱材キューワンボードが貼られています。キューワンボードはしっかりと専用の気密テープで継ぎ目を塞いでいます。

▼1階部分です。

▼これから施行されていく床材や養生ボードの搬入が完了していました。

▼2階部分です。

▼壁の下地造りが進んでいました。この上から石膏ボードが貼られていきます。

▼棟梁の丸川大工です。床材貼りが行われていました。実は床材は1枚1枚細かく分かれており、それを貼り合わせて普段目にする床となっています。隙間ができないように細かく調整を行って組み合わせていきます。

▼床材が貼られると、上から養生ボードを貼って傷や汚れがつかないように養生していきます。

この後、残りの断熱材貼りを行って気密値の計測が行われる気密検査が行われていきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください