福岡市早良区百道01 注文住宅建築現場リポート⑧

8月10日(木)晴れお盆の帰省がスタートしているせいか、都市高速は上下線共5キロの渋滞でした本日は、東区・早良区・南区3現場のリポートさせて頂きました一週間ぶりです東区より早良区への移動は、都市高速を使うのですが、博多ふ頭から荒津大橋から福岡タワーの景色は、毎回楽しみにしている景色です。福岡市早良区百道の現場です本日は、中間検査の日です

▼本日の現場です耐力面材張りが終わり、窓の部分にはブルーシートを張っています
20170810 (1)

▼しっかりブルーシートで養生しています
20170810 (2)

▼すると、トクラスの方が浴室の下見に入りました早速、棟梁の松浦大工と打ち合わせ「こんにちは~お疲れ様です
20170810 (3)

▼図面と確認しています
20170810 (4)

▼更に、福岡住宅センターより中間検査に来られました主に配置や金物をしっかり検査されます「よろしくお願いします」福岡工務店では、中間検査前には、現場監督による金物検査などチェックを念入りにしています
20170810 (5)

▼検査の邪魔にならないようにリポートさせて頂きます松浦大工は、窓を取り付けています各窓を取り付ける場所に搬入中です
20170810 (6)

▼2階へ上がりますバルコニー側以外は窓が入っています
20170810 (7)

▼「おっ」よく見ると斜めの金物「鋼製火打梁」前回リポートではなかったですね「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目がありますこのような部分は、工事が進むと見えなくなりますで撮影詳しくは、2016年2月号の福岡工務店だよりをご覧確認ください~
20170810 (8)

▼前回リポートした所にも窓が入りました
20170810 (9)

▼和室には窓が保管されていますバルコニーに接しているので、バルコニーの防水加工が終わってから、窓は取り付けることができるんですよしばし待ちましょう
20170810 (10)

▼バルコニーです

20170810 (11)

▼1階へ降りると、現場監督の小屋町が中間検査の書類にサインをしていました
20170810 (12)

▼その間、福岡住宅センター方は現場を写真に収めておられました
20170810 (13)

▼双方の確認が終わると中間検査は終了です「お疲れ様でした
20170810 (14)

▼窓枠を取り付ける松浦大工外周がとても狭くお仕事に支障をきたすので中からパシャ
20170810 (15)

20170810 (18)

▼現場監督の小屋町は窓を入れていきます
20170810 (19)

▼現場監督は、松浦大工の手伝いをしながら、図面を片手に浴室の打ち合わせも同時並行そんな現場監督小屋町の姿に感動しました
20170810 (16)

▼前回リポート出来なかった屋根コロニアル葺きです青空が素敵です
20170810 (17)

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください