福岡市早良区東入部01 注文住宅建築現場リポート⑤

こんにちは。リポート担当の有村です。7月21日(火)曇り。本日は、上棟後どのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼玄関サッシの取り付けが完了していました。こちらは引き戸タイプの玄関サッシです。

▼1階部分です。

▼中には、家全体に貼られる、外断熱材キューワンボードの搬入が完了していました。
これだけの量を家を覆うように施工すると考えると圧巻ですね。

▼柱を見ていくと、様々な種類の金物が施工されています。
これらは、一つ一つ定められた場所に定められた金物を取り付けなければ効果が発揮されません。
社内検査と外部機関の検査で厳しくチェックしていきます。

▼こちらの斜めに取り付けられている部材は筋交いといいます。
建物が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱となっています。

▼2階部分です。1階同様に筋交いや金物の取り付けが完了しています。

▼吹き抜け部分には、板が敷かれて作業しやすいようになっています。

▼棟梁の丸川大工です。真剣なまなざしで下地の施工を行っていました。
職人の真剣な眼差し、かっこいいですね。

▼作業がひと段落すると、すぐに掃除を始めます。
こまめに掃除をすることが現場をきれいに保つ秘訣ですね。

この後、中間検査が行われ、外断熱材キューワンボードの施工が行われていきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください