福岡市早良区曙01 注文住宅建築現場リポート⑧

こんにちは。10月17日(木)曇り。福岡市早良区曙01の現場です。あいにくの曇り空で、雨が降り出しそうな天気ですが、涼しく作業のしやすい気候となりました。
早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。サイディングが貼り終わり、足場が外れていました。
足場が外れると外観がよく見えて、完成が間近に感じられますね。

▼1階は天井に石膏ボードが張られていました。

▼階段も作業が進んでおり、形が出来てきていました。

▼階段を上って2階に上がってみます。石膏ボードが貼り終わっていて、キッチン部分も分かるようになってきました。
勾配天井になっているので、頭上の空間が高くなり広さを感じますね。

▼棟梁丸川大工です。作業が1つ終わるたび掃除をされており、常に現場が綺麗に保たれています。

▼丸川大工の作業道具です。整頓され、きれいに並べられています。

▼棟梁丸川大工が何やら木材をカットし始めました。

▼カットした木材を扉が設置される柱へ打ち込んでいます。

▼建具を設置する下地を作っていたようです。

▼次に使用するのがこちらの大きな機械です。

▼ミリ単位で寸法を測っています。

▼そして丁寧にカットしていきます。

▼カットしたものは建具の枠です。
これを組み立て設置していきます。

この後は階段作成、巾木張りと続いていき、完成に向けて進めていきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください