福岡市西区戸切01 リポート⑥ ~上棟式2~

catで~す。
2月20日(金)に行われた、
福岡市西区戸切での上棟の詳細を、お伝えしま~すsign01

▼工事の前に建物の四隅を清めます。
棟梁を務める泊親方が塩で清めます。
150220togire-0.jpg

▼担当の田之上現場監督がお米を置きます。

150220togire-0-2.jpg

▼施主はお神酒で清めます。
仕草がかわいかったので、2カット載せましたlovely

150220togire-0-3.jpg

150220togire-0-3-2.jpg

▼全員で、工事の安全を祈って「乾杯sign01

150220togire-0-4.jpg

▼建物の角には、1階から2階天井までド~ンと伸びる
「通し柱」があります。

150220togire-1.jpg

▼まず、その通し柱を建てます。

150220togire-1-1-2.jpg

▼相撲のテッポウ稽古の要領ですbleah

150220togire-1-1-3.jpg

▼建ったsign01

150220togire-1-1-4.jpg

▼1階の材料・柱と梁を仕分けて、所定の位置に移動させます。

150220togire-1-2.jpg

▼まずは柱にかかります。

150220togire-1-2-2.jpg

▼ここで、上棟独特の道具を紹介します。
鉄製のこの道具は、サスマタ。
ちょっと出っ張った“針”部分で木材を差して動かしたり…

150220togire-1-3.jpg

▼柱の上部にコンコンと打ち当てて、
柱を真直ぐに固定させたりします。
これは伝統的な道具のようです。

150220togire-1-3-2.jpg

▼そんな中、catは新しい道具を発見

150220togire-1-3-3.jpg

▼前田大工の使用目的は、サスマタと同じですsign01

150220togire-1-3-4.jpg

▼建築現場で出た木片等を使った、
お手製のサスマタのようですよhappy02

150220togire-1-3-5.jpg

▼新旧サスマタの競演happy02

150220togire-1-3-6.jpg

▼柱が建つと、それをつないでいく横架材の設置です。

150220togire-1-4.jpg

▼管柱上部の凸に梁が入り込むように、
木製ハンマー(=掛け矢)で上から打ちつけます。

150220togire-1-4-2.jpg

▼通し柱にも入り込むよう、横から掛け矢を打ちます。

150220togire-1-4-3.jpg

▼柱と横架材がすべてはまったら、金物の取り付けという順番ですが、
通し柱と梁部分は、すぐに金物をつけます。
ススム大工が待機しています。

150220togire-1-4-4.jpg

▼ススム大工が金物を付けます。

150220togire-1-4-5.jpg▼柱に横架材をつける順番は、まず「小さな四角をつくる」
…という要領のようです。
足場から見ていると、それがよく分かります。
150220togire-1-5.jpg

150220togire-1-5-2.jpg

150220togire-1-5-3.jpg

150220togire-1-5-4.jpg

150220togire-1-5-5.jpg

▼柱と、梁や桁などの横架材は、どうやってはめ込むのかニャsign02
「プレカット」と言って、あらかじめ材料の両端にデコボコを作っておき、
パズルのようにはまるようになっているのです。
金物を取り付ける穴も、プレカットの段階で作られています。

150220togire-1-6.jpg

▼泊親方の作業をアップで見てみましょうwink

150220togire-1-6-2.jpg

▼泊親方の反対側にも大工さんがいて、2人ではめ込みます。
ここまでは、スッと入ります。

150220togire-1-6-3.jpg

▼柱と同じ高さになるまで、掛け矢を打ち込みます。

150220togire-1-6-4.jpg▼反対側にいたのは、田口大工。
田口大工も、掛け矢を打ちます。

150220togire-1-6-6.jpg

▼手で持てる材料は、下から持ち上げて上にいる大工さんに手渡しします。

150220togire-1-7.jpg

150220togire-1-7-2.jpg

▼手で持ち上げるのが難しい、大きくて重い材料は、
クレーンの先端に付けた
UFOキャッチャーみたいな金具にガキ~ンとかませて、
吊り上げますup

150220togire-1-7-3.jpg

▼下にいるのは、高田大工。
柱と横架材がキチンとはまっているかを確認し、
更に打ちこみが必要な個所を、上にいる
泊親方に伝えているのです。

150220togire-1-8.jpg

▼シ~ンと静まり返るひととき。
それが金物を取り付ける時です。

150220togire-1-8-2.jpg

▼金物は電動できつく固定するので、
この時点で電動ドリルや、エアコンプレッサーに直結した
釘打ち機などの準備を行います。
土﨑篤朗大工が行うことが多いですhappy02

150220togire-1-8-3.jpg

▼その頃、1階では、上棟恒例の建て入れ直しが行われていました。
今日の担当は高田大工と、宮﨑大工です。

150220togire-1-8-4.jpg

▼柱に「さげ振り」と呼ばれる計測器を付けます。
高田大工が目盛りを見ています。
柱に「屋起こし№1」という商品名の、柱を真直ぐにする道具を付けます。
さげ振りの目盛りが左右にぶれていない
(=柱の傾きがない)状態になるまで、
宮﨑大工は屋起こし№1をギュッギュッと回転させます。

150220togire-1-8-5.jpg

▼「よし、ここだッsign01」という目盛りになったところで、
その柱に関係する仮筋交いに釘を打って、柱の垂直を維持します。

150220togire-1-8-6.jpg

▼閑話休題sign04
足場にさきほどのNewサスマタがあったので、撮影しました。
コレ、篤朗大工の手作りなんですlovely

150220togire-1-9.jpg

150220togire-1-9-2.jpg

▼その篤朗大工が行っているのは、
エアコンプレッサーを使った強力な釘打ち。

150220togire-2.jpg

▼石橋大工は金物をインパクトで締めています。

150220togire-2-2.jpg

▼こうして柱・梁がキチンと取り付けられたら、2階の床敷きです。

150220togire-2-3.jpg

▼みんなで行うので、床敷きはあっという間に完了ですwink

150220togire-2-3-2.jpg

▼ここでもエア式で釘をシュパン、シュパンと勢いよく打ちます。
どうしても釘の頭が出てしまうことがあるため、
金槌で打ち、きれいにします。

150220togire-2-3-3.jpg

▼床が敷かれたら、2階の材料が運ばれてきます。

150220togire-2-4.jpg

▼梁を作業しやすい位置に移動します。

150220togire-2-4-2.jpg

▼柱を建てていきます。

150220togire-2-5.jpg

▼ここでもサスマタが大活躍punch

150220togire-2-5-2.jpg

▼柱が付いたところで、10時過ぎ。

150220togire-2-5-3.jpg

▼休憩時間。しゃがんでいる人がいます。
何をしているかと言うと、泊親方が棟梁の時は、
10時の休憩時間にゆで卵が登場します。
卵の殻をむいているところなのですhappy01

150220togire-2-6.jpg

▼施主のご親戚の庭をお借りしてのお茶の時間。
お茶受けのお菓子をいただいたりして、みんなすっかりリラックスcoldsweats01

150220togire-2-6-2.jpg

▼約20分後、作業再開

150220togire-2-7.jpg

▼人力で…

150220togire-2-7-2.jpg

150220togire-2-7-3.jpg

▼そしてクレーンを使って…

150220togire-2-7-4.jpg

150220togire-2-7-5.jpg

▼雲ひとつない、ブルースカイ。
大工さんのしなやかで、そして力強い姿をご覧あれsign03

150220togire-2-8.jpg

▼とっても身体が柔らかい、ベテランの石橋大工。

150220togire-2-8-2.jpg

▼まるでシルク・ドゥ・ソレイユですshine

150220togire-2-8-3.jpg

▼床材を運ぶ、金物を付ける…いつも真っ先に行うのが、ススム大工。

150220togire-2-8-4.jpg

▼作業衣は手袋、足元にいたるまで常にカラ―コーディネートしている、
土﨑(パパ)親方。

150220togire-2-8-5.jpg

▼こうして上棟に向けての作業は佳境に入りましたhappy01
ピョンピョンと建っているのは、小屋束。
小屋束の上に乗せる横架材を母屋と言います。

150220togire-2-8-6.jpg

▼最も背が高い小屋束に乗る母屋を棟木と呼びます。

150220togire-2-8-7.jpg

▼棟木が乗る小屋束を、田口大工と篤朗大工が
今から付けようとしています。

150220togire-2-8-7-2.jpg

150220togire-2-8-7-3.jpg

▼足場がない中での作業です。
緊張感がcatにも伝わってきます。

150220togire-2-8-7-4.jpg

▼母屋を乗せ始めました。

150220togire-2-8-7-5.jpg

150220togire-2-8-7-6.jpg

150220togire-2-8-7-7.jpg

▼そして、ついに棟木が上がりましたsign03

150220togire-2-8-7-8.jpg

▼一方、下では耐力面材の設置が行われています。

150220togire-2-9.jpg

▼釘を打つのは、宮﨑大工。

150220togire-2-9-2.jpg

▼柱などの出っ張りに合わせて面材をカットするのは、
高田大工。

150220togire-2-9-3.jpg

150220togire-2-9-4.jpg

▼ベテラン2人組のチームワークです。

150220togire-2-9-5.jpg

▼こちらも、下で作業をする泊親方。
何をカットしているのかと言うと、
管柱と管柱の間に付ける「間柱」をつくっているところです。

150220togire-2-9-6.jpg

▼これが間柱。

150220togire-2-9-7.jpg

▼「まぐさ」「窓台」という横架材を付けるための、
差し込み用凹みは、ノミを使って作ります。

150220togire-2-9-8.jpg

150220togire-2-9-9.jpg

▼もう棟は上がっていますが(=上棟した)、お昼休みまでの間に
できるところまで作業を進めます。

150220togire-2-10.jpg

▼田口大工が行っているのは、垂木の取り付けです。

150220togire-2-10-2.jpg

▼そして、いよいよお昼休み。
ヘルメットを取って、みんな寛ぎの表情…catface

150220togire-2-10-3.jpg

▼施主のおもてなしの昼食会が始まりました。

150220togire-3.jpg

▼棟梁の紹介。

150220togire-3-2.jpg

▼そして施主のご挨拶。

150220togire-3-3.jpg

▼施主のお兄様の発声により、お茶で乾杯sign01

150220togire-3-4.jpg

▼おいしく食事をいただいた後は、みんなで2階に上がりました。

150220togire-3-5.jpg

▼この新居で一緒に暮らす施主のお母様と、施主の息子さん達。
とても仲のいい3人ニャのだlovely

150220togire-3-6.jpg

▼平山設計士が説明をします。

150220togire-3-7.jpg

▼その間、ゆったりと過ごす大工さん、クレーン屋さん、工事部の面々。
何だか遠足に来た子達みたいchick

150220togire-3-8.jpg

▼「さ~て、午後の仕事に戻ろうかsign01

150220togire-3-9.jpg

▼作業、再開。
面材張りは順調に進んでいます。
高田大工がカットhairsalonした耐力面材「あんしん」を…

150220togire-4.jpg

▼宮﨑大工が運びます。

150220togire-4-2.jpg

▼木材の上に足を乗っけてるだけです…coldsweats02
しかも面材って、結構重い…wobbly

150220togire-4-3.jpg

▼端っこに付ける細い面材。

150220togire-4-4.jpg

▼一方垂木側では…。
田口大工が垂木の先端に「鼻隠し」という木材を付けています。

150220togire-5.jpg

▼ピカピカと光り輝く青年shine

150220togire-5-2.jpg

▼そうです、屋根の断熱材・キューワンボードの取り付けが始まったのですnote

150220togire-5-3.jpg

▼キューワンボードの表面はアルミ箔。
だからこのようなおひさまsunが顔を出す日は、レフ板効果を発揮しますbleah

150220togire-5-4.jpg

▼キューワンボードの継ぎ目には、気密テープを張ります。

150220togire-5-6.jpg

▼ねッsign01レフ板効果、すごいでしょsign03
サングラスが必要なほど、まぶしいのです、実は。

150220togire-5-6-2.jpg

▼断熱材が敷かれ、気密テープも張り終わると、
その上に胴縁を付けます。

150220togire-5-7.jpg

▼胴縁を運びます。

150220togire-5-8.jpg

150220togire-5-8-2.jpg

▼でもその前に、垂木の先端には、
幅広の気密テープを張っておきます。

150220togire-5-8-3.jpg

▼その上に、胴縁を付けるのです。

150220togire-5-8-4.jpg

▼石橋大工が専用のビスで、胴縁を固定していきます。
catの上棟報告は、ここまでで~す。
上棟、おめでとうございますsign01
これから毎週、リポートしていきますねぇ~note

150220togire-5-8-5.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください