福岡市西区飯氏 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは。リポート担当の有村です。5月21日(水)晴れ。本日は上棟式後の様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼外側では外断熱材キューワンボードの貼り付けが完了していました。
専用の気密テープでしっかりと隙間なく仕上がっています。

▼外壁職人の坂本さんが通気胴縁を取り付けていました。
通気胴縁の上からサイディングを貼ることで通気層を確保しています。

▼1階部分です。

▼壁と天井の下地造りが完了しています。
正確なピッチで取り付けられることにより碁盤目のように美しく仕上がっています。

▼棟梁の丸川大工が床材の養生ボードをカットしていました。
養生ボードを貼ることにより傷や汚れから床材が守られます。

▼2階部分です。こちらも1階同様に下地造りが完了し、床材貼りが進んでいます。

▼天井裏には担当現場監督の中村が気密検査に向けウレタンフォームを充填していました。
この細かな作業が福岡工務店の高気密・高断熱の性能を作り上げています。

この後、内部では引き続き床材貼りと進んでいき、外部ではサイディング貼りに入っていきます。
それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください