福岡市西区05 注文住宅建築現場リポート⑦~木工事・石膏ボード~

こんにちは。リポート担当の平野です。6月21日(月)晴れ。本日は、石膏ボード貼りを行っている様子を見ていきたいと思います。

それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼まずは、外部の様子を見ていきたいと思います。通気胴縁の施工が完了し、サイディング材の取り付けが始まっています。

▼サイディング材の継ぎ目には、金物を取り付けます。これらの金物で挟み込むように取り付けることで、ビス穴や継ぎ目が出来ず、綺麗な仕上がりになります

▼こちらの青色の部材は『ハット型ジョイナー』と呼ばれる部材です。このハット型ジョイナーの上にこれからコーキング材が施工されます。

▼1階部分です。石膏ボード貼りが進んでいるのが分かります。

▼脱衣室部分です。脱衣室の石膏ボードは水回り部分になりますので、黄色ではなく黄緑色(耐水ボード)が使用されます。
(※光の加減で分かりずらいかもしれませんが、黄緑色の石膏ボードを使用しています。)

▼ユニットバスの搬入・取り付けが完了しています。

▼棟梁の永留大工です。壁部分の下地作りを行っていました。一箇所ずつ寸法を測り、ミリ単位で調整しながら取り付けていきます。

▼階段部分の施工も進んでいました!上から養生ボードを貼り、汚れや傷が付かないよう保護しています。

▼2階部分です。

▼こちらの住宅は二世帯住宅となっておりますので、2階部分にも洗面脱衣室が設けられています。
1階同様、黄緑色の石膏ボードを取り付けていきます。

▼こまめに掃除することで現場はいつも綺麗に保たれています。

この後も引き続き、外部はサイディング材の施工、内部は石膏ボード貼りの作業が行われます。

それでは、次回のリポートをお楽しみに!

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください