福岡市西区04 注文住宅建築現場リポート③

こんにちは。リポート担当の有村です。5月27日(水)曇り。本日は上棟後の現場の様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼耐力面材あんしんが貼り終わっていました。
既定のピッチに沿って丁寧に留められていることが分かります。

▼棟梁の野中大工がサッシの仮止めを行っていました。
サッシを取り付ける枠を取り付け、ぴったりサッシをはめ込んで釘で留めていきます。

▼足場を登っていくと天井の取り付けが完了していました。

▼1階部分です。

▼この斜めに取り付けられているのは筋交いと言います。
筋交いは家の柱が横方向に傾くのを防ぐ、重要な柱となっています。

▼柱を見てみると様々な種類の金具が取り付けられています。
一つ一つその場に合った金具が決められているため、時間をかけてチェックをしていきます。

▼2階部分です。
1階同様に筋交いや金具の取り付けが完了しています。

▼バルコニー部分です。ビニールシートで養生され、これから防水加工が行われます。

▼こちらはバルコニーの丁度真下部分となります。
バルコニーからの熱が室内に伝わらないように断熱材が施工されています。

この後、中間検査が行われ、外断熱材キューワンボード貼りが始まります。
それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください