福岡市西区03 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは7月2日(火)曇り。福岡市西区Bの現場です前回の上棟式から11日。九州地方は梅雨入りしましたが、工事は着々と進んでいます。早速リポートしたいと思います

▼本日の現場です耐力面材が張られ、ネット越しに家の外観がわかるようになってきました
190702福岡市西区B_0001-min

▼まずは1階へ「こんにちは~お疲れ様です」窓が入っていますね
190702福岡市西区B_0010-min

▼窓の下地はボードで隠れてしまう部分ですが、お仕事が丁寧で美しいです
190702福岡市西区B_0024-min

▼見せ梁が特徴的なお部屋になりそうですね
190702福岡市西区B_0008-min

▼筋交い工事も終わっています。斜めの木が「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぎます。棟梁松浦大工の手作業です。
190702福岡市西区B_0025-min

▼現場監督の中村は、中間検査にむけて事前確認を行っていました。
190702福岡市西区B_0018-min

▼金物等のゆるみがないか、あるべきところに、必要な部所に指定された金物が正しい施工で取り付けられているかを、ひとつひとつチェックし確認します190702福岡市西区B_0026-min

▼確認したものは、マーカーでチェックがついています
190702福岡市西区B_0034-min

▼耐力壁となる部分の面材の釘打ちピッチ(間隔)も確認求められる耐力に対して、適切なピッチで、適切な釘が打たれているかも検査の対象となります。耐力面材「あんしん」についての詳しい説明は「こちら」クリックしてみてくださいね
190702福岡市西区B_0015-min
190702福岡市西区B_0014-min

▼2階へ上がってみます「お疲れ様です~」棟梁松浦大工はバルコニーの下地を作成中でした
190702福岡市西区B_0020-min
190702福岡市西区B_0035-min
190702福岡市西区B_0033-min

▼屋根付きのバルコニーです。形が分かってきましたね
190702福岡市西区B_0023-min

▼足場で更に上へ行ってみます「ガルバリウム鋼板屋根」の施工が終わっていました
190702福岡市西区B_0012-min

中間検査が終わると、次は気密検査に向け工程が進んでいきます次回のリポートをお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください