福岡市西区02 現場リポート① ~地鎮祭~

こんにちは

昨日、11月13日(金)、福岡市西区の現場で地鎮祭を執り行いました

あいにくの雨模様でしたが、「雨降って地固まる」ということわざがあるように、地鎮祭の雨は縁起がいいものとされています

それでは、現場レポートをスタートさせていただきます

▼雨で足元がぬかるんでいる為、このようにビニールシートを敷いて施主をお出迎えします
IMG_1634

▼準備が完了すると、「おっ!」 施主がやって参りました
IMG_1650

▼地鎮祭の進め方や手順を神主さんより、教えていただきますとっても優しい神主さんで初めての方でも安心です
IMG_1655

▼11時過ぎ。神主さんの説明の後、地鎮祭を開始いたしました
IMG_1657

▼神主さんが「大幣」を使って祭壇を清めます。
IMG_1659

▼続いて、参列者も清めていただきます
IMG_1660

▼お清めの次は「祝詞奏上(のりとそうじょう)」です。森に囲まれた場所で聴く祝詞は、より厳粛な気持ちにさせてくれます
IMG_1661

▼神主さんが手に持っているのは、お神酒です。続いて「四方払いの儀」です。
IMG_1664

▼神主さんを先頭に施主がテントから出てきました。
IMG_1666

▼神主さんが「大幣」で四方を清めていきます。
IMG_1670

▼続いて、施主が御神酒で清めます。
IMG_1672

▼続いて塩で清めます。ゆづちゃんと木村現場監督が一緒に清めます。このようにして、土地の四方をそれぞれ清めていきました
IMG_1681

▼テントに戻ってくると、続いて執り行うのは「地鎮の儀」。写真は、その中の「刈初の儀」です。施主が鎌で草に見立てた笹を刈りとります。IMG_1727

 

▼続いて、奥様が「鍬入れの儀」を行います。これは、大地を耕すことを表します。
IMG_1734

▼福岡工務店は、「杭打ちの儀」を行いました。樋渡住宅コンシェルジュ(奥)が「掛矢(かけや)」を持って、木村現場監督(手前)が杭を持ち、「エイ!」「オーツ!」「エイ!」「オーツ!」と掛け声をかけて杭を打ち込みます。
IMG_1737

 

▼次に行うのは「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」。まずは施主が祭壇に玉串を捧げます。
IMG_1741

▼玉串を捧げたら、二礼二拍手一礼を行います。
IMG_1745

▼福岡工務店からは代表して平山設計士が参拝しました。
IMG_1750

▼神様にお戻りいただくという意味の「昇神の儀」の後、全員で起立し一礼をして式が終了しました。
IMG_1751

▼式が終わるとお神酒で乾杯です神主さんが御神酒を全員に注いでいきます
IMG_1755 IMG_1756 IMG_1758

▼工事の安全と家内安全を祈って乾杯です。
IMG_1759

▼乾杯の後、施主が神主さんから「上棟札」をいただきました。
IMG_1762

▼最後に家族で記念写真です。上手く撮れるかな~~~
IMG_1768

▼ハイチーズ
IMG_1767

皆さん、とっても素敵な笑顔です 本日の地鎮祭、誠おめでとうございます

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください