福岡市西区姪浜02 注文住宅建築現場リポート⑦

11月14日(火)晴れ朝の雨もあがりました本日は、早良区・西区2現場の3現場のリポートをさせていただきます道中、笑顔で快く「どうぞ~」と手で合図して車を入れさせてくださいましたそのような心遣いに、気持ちいいスタートきることが出来ました福岡市早良区より西区へ室見川沿いを運転しながら川を眺めてみると鴨が泳いでいました福岡市西区姪の浜現場です

▼本日の現場です耐力面材張りと外断熱のキューワンボード張りが終わり、外壁工事がスタートしています無事気密検査も終了しました20171114 (1)

▼早速、足場を上がります通気胴縁工事の真っ最中です通気胴縁とは、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるために施工されるものです。
20171114 (2)

▼バルコニー周辺には、防水のウォーターガードを張っています
20171114 (3)

▼外壁工事担当の坂本さん親子の息のあった工事が進んでいます「こんにちは~お疲れ様です
20171114 (4)

▼基礎のパフォームガードと外断熱のキューワンボードには、気密防水テープを施しています
20171114 (5)

▼玄関ドアが付きましたねそれでは、中に入ります
20171114 (6)

▼棟梁の丸川大工は、玄関の天井下地つくりの真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です
20171114 (7)

20171114 (8)

▼1階全体です
20171114 (9)

▼浴室です綺麗に片付いています
20171114 (10)

▼和室には、床材と養生シートが綺麗に搬入されています
20171114 (11)

▼続いて2階へ壁の下地が進んでいます
20171114 (12)

▼「おっ」斜めの金物は、「鋼製火打梁」「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目がありますこのような部分は、工事が進むと見えなくなります
20171114 (13)

▼ウォークインクローゼットです
20171114 (14)

▼吹き抜けです
20171114 (15)

▼バルコニーは、防水工事が入りました
20171114 (16)

20171114 (17)

▼1階へ降りますすると、キッチンの位置が記されています
20171114 (18)

▼キッチンからパシャ
20171114 (19)

▼吹き抜けからの日差しが入り明るいです
20171114 (22)

▼外部収納です
20171114 (20)

▼玄関天井もこのように仕上がりました
20171114 (21)

▼リポート終わる頃、外壁工事の坂本さんは一番上で作業中です「お疲れ様です!失礼します~
20171114 (24)

▼そして、泊大工がモデルの看板をパシャ「現場リポート見ていただき、ありがとうございます」
20171114 (23)

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください