福岡市西区姪浜02 注文住宅建築現場リポート④

10月17日(火)曇り昨日に引き続き、本日は福岡市早良区と西区の現場リポートさせて頂きますやっと雨も上がりそうですねそうお天気といえば今朝のニュースで「小学校6年生の女の子が、気象予報士に最年少で合格」なぜ予報士の資格を取ろう思ったのかというと、小学校4年生の時「なぜ雲は落ちてこないのか?」と疑問を持ったことをきっかけに気象予報士試験の勉強を始め、4回目の挑戦で見事合格を果たしました好奇心から日々の努力が実ってよかったですね天気予報を見るたびにその女の子のことを思い出しそうです早良区より西区へとてもスムーズに行け、5分かからない位で到着しました福岡市西区姪の浜現場です

▼本日の現場です10月21日の上棟式を控え、棟梁の丸川大工・現場監督の小屋町・施工管理部の高見は、上棟準備の真っ最中す
20171017 (1)

▼合板と大引きの木材が搬入されています
20171017 (2)

▼連日の雨でしたが、基礎には雨溜まりはなく湿っている程度です高見は、お掃除しています
20171017 (4)

▼外断熱住宅ですので、基礎の外側にパフォームガード(白い部分)が施されています。基礎と土台の間に黒く見えるのは基礎パッキンです基礎パッキンは、床下の換気をよくすると共に、基礎と土台の縁を切り、コンクリートが吸った湿気を土台に上げない役目があります
20171017 (5)

▼すると、現場監督小屋町は「大引き」を所定に位置に運び始めました「大引き」とは、木造床組みで最下階において根太を支える水平材のことです
20171017 (6)

▼一方、棟梁の丸川大工はカットスクリューを所定の位置へ置いていきます カットスクリューは、アンカーボルトや羽子板ボルト等のネジ山を利用しインパクトレンチで 締め付け材面とフラットに仕上げる金物です。
20171017 (7)

▼よく見ると、内部にも基礎パッキンを施しているのが分かります
20171017 (8)

▼大引きが綺麗になんでいます丸川大工は、カットスクリューを仮止めしています

20171017 (9)

▼さらにアップ分かりづらいのですが、土台には大引きをはめ込む切り込みがあるのが分かります
20171017 (10)

▼全体の様子です

20171017 (11)

▼カットスクリューを仮止め
20171017 (12)

▼給排水工事の様子です合板を張ると見えなくなるのでパシャ基礎と給排水管の隙間には、薄緑のモコモコが施されています防蟻ウレタンフォームです
20171017 (15)

20171017 (3)

▼たくさんの配管に分岐
20171017 (14)

▼丸川大工と小屋町のツーショット写真丸川大工は、カットスクリューを仮止め、小屋町は大引きに床束を取り付けています床束は、金属製のため、白蟻による浸食の心配がありませんこの後逆さまにして基礎と床束には、ウレタンボンドを施していきます
20171017 (16)

▼床束を取り付けた様子元大工の現場監督小屋町ならではの素晴らしい出来上がりですね
20171017 (17)

▼着々と上棟式にむけ準備が進んでいますどうかお天気回復しますように…
20171017 (18)

それでは、次回は上棟式のリポートになりますお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください