福岡市西区金武01 リポート④ ~上棟式1~

catです。

今日は9月14日(土)。

福岡市西区金武の建築現場で、

上棟の日を迎えましたsign01

130914kanatake-joutou1.jpg

▼施主・棟梁・現場監督の3人で、建築場所の四隅を清めます。

130914kanatake-joutou2-1.jpg

130914kanatake-joutou2-2.jpg

130914kanatake-joutou2-3.jpg

▼今日の工事の安全を祈り、お神酒で乾杯sign01

130914kanatake-joutou2-4.jpg

▼さあ、工事のスタートですnote

130914kanatake-joutou3.jpg

▼柱を作業しやすい位置(=立てる近く)に移動します。

130914kanatake-joutou3-2.jpg

▼これが通し柱の第1投punch

130914kanatake-joutou3-3.jpg

▼長い柱は、お相撲のテッポウのように、右・左・右・左と、

前面に出す手を変えて、どんどん上に上げていくのです。

130914kanatake-joutou3-4.jpg

▼立ったら、足場の上でハンマーを打ち込みます。

130914kanatake-joutou3-5.jpg

130914kanatake-joutou3-6.jpg

▼次々に柱が立ちます。

この時点で、スタートから12分wink

130914kanatake-joutou3-7.jpg

▼梁は2人が両端から交互のハンマーを打つことで、

柱にくい込んでいきます。

130914kanatake-joutou4.jpg

▼柱の本数が多い、長い梁の場合は、複数の大工さんが協力します。

130914kanatake-joutou4-2.jpg

▼梁を持ち上げる人も、柱を支える人も、ハンマーを打つも、

相当に力が必要です。

130914kanatake-joutou4-4.jpg

▼赤いタオルの土﨑篤朗大工。

何気なく見えますが、力を入れて梁を持っているのです。

130914kanatake-joutou4-5.jpg

▼泊親方と交互にハンマーを打ちおろすsign01

130914kanatake-joutou4-6.jpg

▼金物を取り付けているのは、田口大工。

130914kanatake-joutou4-7.jpg

▼これは仮筋交いを付けているところです。

1階で泊好樹棟梁が付けた筋交いを、上で野中大工が釘打ちします。

130914kanatake-joutou5.jpg

▼仮筋交いを取り付けたということは…。

建て入れ直しの始まりです。

130914kanatake-joutou5-2.jpg

▼柱が垂直に立っているかどうかを確認し、修正する大切な作業、

それが建て入れ直し。

今日は好樹棟梁、泊親方、高田大工の3人が担当しています。

130914kanatake-joutou5-3.jpg

catが建て入れ直しを見学している間に、

“つなぎ”と呼ばれる角材も取り付けられ、碁盤の目のようになりました。

130914kanatake-joutou6.jpg

▼これが柱・梁を固定する金物。

130914kanatake-joutou6-2.jpg

▼2階の床材が運ばれてきました。

130914kanatake-joutou6-3.jpg

▼黒い線が見えますか?

墨汁の付いた糸で、墨付けという作業を行っているのです。

130914kanatake-joutou6-4.jpg

▼黒い線は、これから敷いていく床の起点となる場所でした。

まずここに床材を敷き、その隣に隣にと、床材を敷き詰めるわけです。

130914kanatake-joutou6-6.jpg

▼ホラネッbleah

130914kanatake-joutou6-7.jpg

▼敷いた床には電動でくぎ打ちしていきます。

130914kanatake-joutou6-8.jpg

▼2階の床の完成sign01

130914kanatake-joutou6-9.jpg

▼2階の柱、梁がクレーンで届きました。

130914kanatake-joutou7.jpg

▼移動させ…

130914kanatake-joutou7-2.jpg

▼柱を立てていきます。

130914kanatake-joutou7-3.jpg

▼1階同様、ここでも梁は複数の大工さんが協力して行います。

130914kanatake-joutou7-5.jpg

130914kanatake-joutou7-6.jpg

▼午前10時。

ここで休憩に入りました。

130914kanatake-joutou7-7.jpg

▼約20分後、再開。

2階でも建て入れ直しを行います。

130914kanatake-joutou8.jpg

130914kanatake-joutou8-2.jpg

▼上では建て入れ直しの3人以外の大工さんが、金物を取り付けています。

130914kanatake-joutou8-3.jpg

▼手で締めた後、電動でガガ~ッときつく固定していきます。

130914kanatake-joutou8-4.jpg

▼オヤオヤ、ここでも床材が運ばれてきましたよ。

130914kanatake-joutou9.jpg

▼これは小屋裏部分の床材なので、全体に敷くわけではありません。

130914kanatake-joutou9-2.jpg

▼この位置です。

130914kanatake-joutou9-3.jpg

▼モコモコッと立ちあがっているのは、小屋束。

写真の一番奥の、横架材は母屋。

130914kanatake-joutou9-4.jpg

▼小屋束と母屋の取り付けが完了しました。

130914kanatake-joutou9-5.jpg

▼渡邊大工が手にしているのは、カスガイ。

130914kanatake-joutou9-6.jpg

▼小屋束と母屋をカスガイでつなぐのです。

130914kanatake-joutou9-7.jpg

▼みんなでカスガイ付けhappy02

130914kanatake-joutou9-8.jpg

▼ここでも仮筋交いによって、木材の水平・垂直を維持します。

130914kanatake-joutou9-9.jpg

▼棟木が上がったので、実はもう上棟していますhappy01

130914kanatake-joutou10.jpg

▼でも頑張って、垂木の取り付け…

130914kanatake-joutou10-1.jpg

▼黙々と行います。

130914kanatake-joutou10-2.jpg

▼そして、何と屋根の断熱材も運ばれて…

130914kanatake-joutou10-3.jpg

▼午前中に、断熱材まで付けちゃおうというのですwink

130914kanatake-joutou10-4.jpg

▼ここまで行って、お昼の休憩に入りました。

130914kanatake-joutou10-5.jpg

▼屋根の方にいなかった泊親方と高田大工は、

面材の取り付けを行っていました。

130914kanatake-joutou10-6.jpg

▼高田大工がカットした面材を…

130914kanatake-joutou10-7.jpg

▼設置して…

130914kanatake-joutou10-8.jpg

▼固定するsign01

130914kanatake-joutou10-9.jpg

▼そして正午過ぎ。

無事、上棟し、施主おもてなしの昼食会が始まりましたshine

130914kanatake-joutou11.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください