福岡市西区拾六町01 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは。リポート担当の平野です。12月26日(土)晴れ。本日は、足場が解体され全景が見えるようになった様子と階段部分の仕上げ・巾木の取付の様子を見ていきたいと思います。
それでは、早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。足場が外れて外観が見えるようになりました

▼1階部分です。

▼前回のリポートの際には完了していなかった石膏ボード貼りが終わり、階段の施工が進んでいます。

▼棟梁の野中大工は階段施工の仕上げ、ささら巾木の取り付けを行っていました。

▼ユニットバスの取り付けや造作のシューズクロークの施工もすすんでおります。ちなみに脱衣室の石膏ボードの色は黄色ではなく、黄緑色です。この黄緑色の石膏ボードは耐水ボードで水回り部分で使用されます。

▼2階部分です。

▼こちらはキッチン部分です。排水やレンジフード部分の配管が完了しています。

▼キッチンカウンター部分です。前回のリポートでは下地の取り付けが完了していましたが、石膏ボードの設置も完了し、この後クロスが貼られていきます。どのような感じに仕上がるのか完成がとても楽しみですね♪

▼ニッチ部分です。このようにお施主様のこだわりに沿ったご要望にお応えできるのも注文住宅の良いところですよね。

▼こちらは造作のテレビ台です。

▼2階部分の巾木が打たれ、2階の木工事が完了したようです。

▼その頃、野中大工は1階部分の巾木の施工前に掃除機をかけていました。巾木施工の際に木くず等が紛れ込まないように注意深く掃除していきます。

▼掃除を終え、早速巾木の施工が始まるようです。

 

この後、引き続き巾木の施工が行われ木工事完了に向けて作業が進められていきます。

それでは次回のリポートもお楽しみに!

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください