福岡市西区今宿01 リポート⑪

catです。

8月18日(土)正午。

福岡市西区今宿の現場に到着ですhappy01

▼外観

120818imajuku_gaikan1.jpg

▼2階の外で作業している人たちsign01

今日は、板金屋さんが雨どいを取り付ける日ですhappy01

120818imajuku_gaikan2.jpg

▼1階では泊親方がちょうど昼食中riceball

120818imajuku_oyakata.jpg

▼そして田之上現場監督と談笑中happy02

120818imajuku_oyakata2.jpg

▼泊好樹大工も昼食中。

そりゃそうですね、12:04分だもんhappy02

120818imajuku_jr.jpg

▼…というわけで、

本日は板金屋さんを追ってみましたsign01

120818imajuku_bankin1.jpg

▼職人さんが何かを取り付けています。

120818imajuku_bankin2.jpg

▼ムムッ、もしかしてこれは…sign01

120818imajuku_bankin3.jpg

▼南区和田2丁目17の現場でも同じものがあったにゃup

120818imajuku_bankin4.jpg

▼これはその時の写真(7月13日)。

「何してるんですか?」とcatが尋ねたら、

「雨どいをとりつけるため」と川尻さんが答えてくれました。

でもその後現場に行ったら、この「透明の洋服をかけるフックみたいな物体」は

跡形もなく消えていたのだったsign02

120818imajuku_wada.jpg

▼あの時の謎を解き明かそうと、川尻さんのお父さんである川尻親方に

お尋ねすると…。

「このフックより高い位置からみてごらん」とアドバイス。

そこでcatは足場を使って、高い位置に…。

こんな感じですcamera

120818imajuku_bankin5.jpg

▼そこにやってきた親方。

雨どいを取り付け始めましたwink

120818imajuku_bankin6.jpg

▼この透明フックは、雨どいを支えるためのものだったんだニャshine

120818imajuku_bankin7.jpg

▼こうやって支えますpunch

120818imajuku_bankin8.jpg

▼つまり雨どいよりも下の位置からは、フックは見えなくなっちゃうのですsign03

120818imajuku_bankin9.jpg

catに仕組みを教えるためデモンストレーションしてくださった

川尻親方、そして職人さん、ありがとうございましたsign03

和田2丁目17のミステリーが解けたよッlovely

120818imajuku_bankin10.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください