福岡市西区今宿01 リポート③

今日は6月29日(金)。

福岡市西区今宿の現場に来ています。

基礎工事が終わり、検査会社の人が検査を行っています。

泊親方と田之上現場監督は、土台敷きに向けて、墨だしをしています。

120629imajuku1.jpg

▼墨だしで印を付けた個所は何を意味するのかsign02

親方に教えていただきました。

鉛筆で示した墨の位置と、左手人差し指の間に、土台となる木材を

敷いていくのだそうですwink

120629imajuku2.jpg

▼田之上現場監督は、外断熱材と外断熱材の間に特殊なこーキング材を

注入し、隙間をなくしますbleah

120629imajuku3.jpg

▼コーキングの下のオレンジ色のプニュプニュは、発泡ウレタンの断熱材。

シロアリが嫌う唐辛子成分を含んでいるため、

このような唐辛子色にゃんだってnote

120629imajuku4.jpg

▼泊親方がアンカーボルトの上部のナットを取り外し始めましたeye

120629imajuku6.jpg

▼この上に土台を敷くからだよsign01

そうりゃそうだ、ナットが付いていたら、この上に木を乗せるための

穴があけられにゃ~いsign03

120629imajuku8.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください