福岡市南区柳瀬01 注文住宅建築現場リポート⑥ ~上棟式~

こんにちは

本日、福岡市南区柳瀬にて上棟式を執り行いました最高気温が7度前後と厳しい寒さの中での上棟式となりましたが、お施主様に終日見守っていただき、多くのご親族様もお越し頂けるなど、大変心温まる素敵な上棟式となりました早速、その模様をリポートさせていただきます

▼午前7時55分ごろ、お施主様の到着です。これから始まる上棟式の簡単な流れを現場監督の小屋町からお伝えさせていただきました
20170114 (1)

▼午前8時ごろ、上棟式には欠かせないラフタークレーンの到着です前後のタイヤが両方とも操作できるので、こうした狭い道でもスムーズに移動することができます
20170114 (2)

▼上棟式が始まる前に必ずおこなう四方のお清めです。まずは、棟梁の高田大工が塩を置きます
20170114 (3)

▼続いて、お嬢様にはお米を置いていただきました
20170114 (4)

▼そして、ご主人にはお神酒をかけていただきました
20170114 (5)

▼さあ、全員で施主ご一家の益々のご繁栄と工事の安全を祈念してお神酒で乾杯です乾杯
20170114 (6)

▼綺麗な青空をバックに、上棟作業のスタートですまずは、2人がかりで建物の四方に通し柱を立てていきます
20170114 (7)

▼あらかじめ所定の位置に柱を振り分けていたこともあり、あっという間に1階の柱の設置が完了です
20170114 (8)

▼柱の設置が完了すると、「梁」や「胴差し」といった太い横方向の部材を柱の上に置いていきますスピーディーに作業を進めるため、クレーンとあわせて人力でも持ち上げて設置していきます。常に上棟作業を一緒におこなう大工同士、息がぴったりです
20170114 (9) 20170114 (10)

▼足場から身を乗り出して「かけや」と呼ばれる木槌で、部材の凹凸をしっかりと打ち込んでいきます
20170114 (11)

▼梁などの太い部材や、大きな梁と梁の間にかける小さな梁の設置が完了すると、写真の金物でしっかり固定していきます
20170114 (12) 20170114 (13)

▼金物で固定する作業と同時に、1階では柱を垂直にする作業「建て入れ直し」がおこなわれます建て入れ直しは、ベテラン大工職人の泊大工と棟梁の高田大工がペアでおこないます
20170114 (15)

▼ぴったり垂直ですこの作業を柱一本一本おこなっていきます
20170114 (14)

▼建て入れ直しの作業が終わると、2階の床板が運ばれてきました
20170114 (16)

▼この床板。全部同じような形ですが、実はあらかじめ置く場所が全て決められているのです一枚一枚確認しながら、慣れた手つきで所定の場所に置いていきます
20170114 (17)

▼手前の広い空間は、吹き抜けです。ここはリビングの吹き抜けですね広い開放的なリビングうらやましいです
20170114 (18)

▼2階の床板が敷き詰められると、クレーンで柱や梁が次から次へと吊り上げられていきます
20170114 (19)

▼吊り上げられた部材は、2階で待機していた大工さん達の手によって一斉に設置されていきます
20170114 (20) 20170114 (21)

▼2階の柱も1階同様に、高田大工と泊大工によって、きちんと垂直に調整されていきます
20170114 (22)

▼そして、2階天井部分にあたる横の部材が専用のボルトできっちりと固定されていきます。使われている電動工具は「インパクト」と呼ばれるものです。写真では、インパクトが斜めになっていますが、先端が特殊な構造になっており、斜めからでもボルトをきちんと締められるようになっています
20170114 (23)

▼屋根を支える垂直の部材「小屋束」の設置ですこちらの住宅の屋根の形状は「片流れ」になっており、奥にいくにつれて屋根の勾配が上がっていきます。よく見ると、小屋束の長さが奥が長くて、手前が短いです。
20170114 (24)

▼そして、「棟木」の設置が始まりました。この棟木は屋根の一番高い場所に設置される木材で、この棟木が設置されるとついに「上棟」を迎えます
20170114 (25)

▼さらに、「母屋」と呼ばれる横方向の部材の設置も完了しました。この段階になると屋根の形もかなり分かりやすくなってきます
20170114 (26)

▼小屋束と母屋や棟木を「かすがい」と呼ばれる金物でで繋ぎ留めていきます「子はかすがい」という言葉がありますが、かすがいという言葉はここからきています
20170114 (27)

▼1階に降りてきました1階のリビングにある吹き抜けから上を眺めるとこんな感じです。大工さんたちが細い梁の上を縦横無尽に動き回っていますちなみに全然怖くないそうです大工職人恐るべし
20170114 (28)

▼午前11時50分。お施主様を担当している、住宅コンシェルジュの樋渡と設計の平山が到着しましたそうなんですもうすぐお待ちかねの昼食会です
20170114 (29)

▼昼食会は、お施主様の計らいで開催していただきました住宅コンシェルジュの樋渡の司会のもと、棟梁の高田大工の紹介、お施主様のご挨拶、そして代表の阿久津による乾杯発声をさせていただきました
20170114 (37)

▼昼食会後は、恒例の建築現場のご案内ですお子様達も自分達の部屋に興味津々これからはじまる新しい家での生活に夢が広がります
20170114 (38)

▼午後1時50分ごろ、楽しかった昼食会も無事にお開きになり上棟作業の再開ですまずは、先ほど設置した母屋の上に「垂木」が設置されました。この垂木の上に断熱材パネルや下地板が載せられます。小屋町現場監督は軒の出をチェック
20170114 (30)

▼垂木は専用の長いビスでしっかりと留められていきます。
20170114 (31)

▼上棟作業もいよいよ終盤です先ほど設置した垂木の上に、今度は外張り断熱材の「キューワンボード」が敷き詰められていきます
20170114 (32)

▼そして、断熱パネルとパネルの繋ぎ目は、遮熱対策が施された専用の「気密テープ」でしっかりと塞いでいきますこの作業はとても重要で、このテープの貼り方が雑だったりすると隙間が生じてしまい、気密性能が悪くなってしまいますですので、テープが捻じれたりしないようにゆっくりと丁寧に貼っていきます。
20170114 (33)

▼気密テープが貼り終わると、通気層を確保するための「胴縁」を設置。その後、専用のビスで固定していきます
20170114 (34)

▼通気胴縁の設置が完了すると、続いて屋根の下地板「野地板」を設置がはじまりましたこの野地板を貼り終わると、その上にさらにルーフィング(防水シート)をおこない、本日の上棟作業は無事に終了となります
20170114 (35)

▼最後に全体をパシャリ本日の上棟作業は、厳しい寒さの中でしたが、とても心温まる素晴らしい上棟式となりました来年の今頃は、この家で暖かい暮らしをしていることでしょう本日の上棟式、誠におめでとうございます
20170114 (36)

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください