福岡市南区和田03 リポート④ ~上棟式

catです。

今日は6月2日(土)。

ここ、福岡市南区和田2丁目17では、待ちに待った

上棟の日を迎えましたsign01

▼朝6時10分

120602wada1_610.jpg

▼主役の現場はブルーシートで覆われ、静かに今日の幕開けを待っていますconfident

120602wada2_blueseat.jpg

▼右から、本日棟梁を務める田口大工。田之上現場監督。桶渡現場助手。

120602wada3.jpg

▼大工たちの集合を前に、3人で屋根の断熱材を移動させて準備。

120602wada4.jpg

▼最初にやってきたのは泊親方。

cat「早いですね」

親方「年取ったら朝早くから目が覚めるからね。そうやろ?」

cat「ハイ、そうですね」

120602wada5.jpg

▼石橋大工が2番目。

120602wada6.jpg

▼3番目は泊好樹大工。

120602wada7.jpg

▼高田大工もやってきました。

120602wada8.jpg

▼土埼父子は一緒に。

120602wada9.jpg

▼ツトムさんも到着!

120602wada10.jpg

▼施主おかあさんもやってきました。

早いsign01若いのにsign03

120602wada12.jpg

▼お隣の男性が、家庭菜園の採れたてキュウリをプレゼントしてくれました。

アレッ、この方、どこかでお目にかかったような…eye

そうなんです。以前「福岡市南区和田2丁目」としてずっと現場リポート

したご一家が、お隣さんなのですwink

福岡工務店の家は2軒並ぶんですnote

120602wada13.jpg

▼オオッ、施主おとうさんも登場up

120602wada14_1.jpg

120602wada14_2.jpg

▼そして、しんがりを務めしは…。

もちろんクレーン車rock

遅れてきたわけではなく、何しろ大きな車ですから、

広い場所でずっと待機していたのですscissors

120602wada15_1.jpg

120602wada15_2.jpg

120602wada15_3.jpg

120602wada15_4.jpg

120602wada15_5.jpg

▼さあさあ、みんなそろったニャ。では行くよォ~sign01

120602wada16.jpg

▼ブルーシートが取りはらわれました。

120602wada17.jpg

▼みんな、上棟モードにbleah

120602wada18.jpg

▼田口棟梁が米を、田之上現場監督が塩を、施主がお神酒を四方にまき、

清めます。

120602wada19_1.jpg

120602wada19_2.jpg

120602wada19_3.jpg

▼(子供を除く)全員で、乾杯!

工事の安全を祈りますhappy01

120602wada19_4.jpg

▼若い大工2人が、お神酒で金槌を清めます。

まさに職人の世界だにゃあ~confident

120602wada19_5.jpg

▼さあて、上棟に向かってGOsign03

120602wada20.jpg

▼スタートしたのは、8時少し前。

Myヘルメットを取りに行ったcatが現場に戻ったのは、その約20分後。

もうこんなに進んでいますlovely

120602wada21.jpg

▼施主一家の数も増えていますnote

奥さまのご両親が、やって来られたのですwink

120602wada22.jpg

▼1階の梁にかかろうとしています。

120602wada23.jpg

▼あちこちに金物が置かれているのが、分かりますか?

それを…

120602wada26.jpg

▼手でキュッ、キュッと締める人。

120602wada27.jpg

120602wada27_2.jpg

▼手で絞めた後を、電動でギュイ~ンと締める人。役割分担ですdelicious

120602wada28.jpg

▼床材が届きました。

120602wada29.jpg

120602wada29_2.jpg

▼平仮名と数字が付けられているので、それを元に所定の場所に

置いていきます。

120602wada30.jpg

▼隙間なく正しくセットするために、金槌でコンコンと打って移動。

その後釘を打ちつけます。

120602wada31.jpg

120602wada31_2.jpg

▼釘は1枚に数カ所しか打たないため、電動ビス打ちをします。

シュパン、シュパン、シュパンsign01と、ものすごい早業ですflair

120602wada32_1.jpg

120602wada32_2.jpg

120602wada32_3.jpg

120602wada32_4.jpg

▼2階の柱が届いたよnote

120602wada33.jpg

▼所定の場所に…。そして立てますupwardright

120602wada34_1.jpg

120602wada34_2.jpg

▼重い梁はクレーンの先っぽの鉄製の“挟みもの”(呼び名を知りませんcoldsweats01)で

グワッとつかみ、吊り上げ、降ろします。

120602wada35.jpg

120602wada35_2.jpg

120602wada35_3.jpg

▼ご存じ、「建て入れ直し3人衆」。

120602wada36_1.jpg

▼柱が真っ直ぐに立っているかをチェックします。

OKだったら、その柱の仮筋かいに釘を打って固定します。

OKの時は、高田大工が「よか~!」と叫びますbleah

120602wada36_2.jpg

120602wada36_3.jpg

▼時刻は10時半近く。

休憩タイムsign01 と言ってもあっという間。

10分か15分だったかな。

120602wada37.jpg

120602wada37_2.jpg

▼いよいよ上棟に向けて、パワーアップですpunch

120602wada38.jpg

120602wada38_2.jpg

120602wada38_3.jpg

▼しばらく離れていた一家も戻ってこられましたhappy01

120602wada39.jpg

▼傾斜ができてきたね。

120602wada40.jpg

▼垂木を付けています。

ここでもカナヅチでトントンと木を叩いて、正しい位置に。その後、釘を打ちます。

垂木の細い切り込みと、母屋の黒い線(印)がピッタリ合っているのが、

分かりますshine

120602wada41_1.jpg

120602wada41_2.jpg

120602wada41_3.jpg

▼大工さんが手にしたこれはニャ二かにゃsign02

これは「ひねり金物」 cat、ほんの5日前に覚えたんだよ。

現物を実際に目にして、興奮だにゃぁup

120602wada42_1.jpg

▼なるほど、ひねってるsign01

120602wada42_2.jpg

120602wada42_3.jpg

▼さて、棟木がついたので「上棟なった」けど、

断熱材を上げ、屋根断熱の取り付けまで行います。

120602wada43.jpg

catいつも思うけど、断熱材の上を歩いてて、ツルツルしないのかなhappy02

120602wada43_2.jpg

120602wada43_3.jpg

▼そして正午。

施主のおもてなしの食事会が始まりました。

田之上現場監督が進行役wink

120602wada44_1.jpg

▼施主が挨拶。

工事の安全を祈るとともに、一家全員がどれほど完成を

楽しみにしているか、話してくれました。

120602wada44_2.jpg

▼キッズの紹介に、大工さんもニコニコ顔heart02

120602wada44_3.jpg

▼ワタシも、モニョモニョしゃべりました。

120602wada44_4.jpg

▼ボクはグルメ番組のリポーターのように、上手にエビを食べましたhappy01

「早く新しいお家ができるといいなぁ」という2人のために、

catは毎回、リポートを頑張るよsign03

120602wada44_5.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください