福岡市南区高木04 リポート① ~地鎮祭

今日は10月23日(火)。

福岡市南区高木のB号地で地鎮祭が行われますhappy01

…朝起きて、すぐにベランダから外をのぞいたcat

お天気がsprinklesad

でも雨のち晴れsunの天気予報だから、cat、元気いっぱいに、

現場に向ったよsign01

▼施主ご夫妻と、お母様の登場heart04

外は少し暗いけど、もう傘をさしていないねwink

121023takagib1.jpg

▼福岡工務店と、土地の担当メガジャパン・山野が施主をお出迎えconfident

121023takagib1_2.jpg

▼式が始まる前に、神官さんが式次第を説明。

121023takagib2.jpg

▼起立。そして低頭で式は始ります。

121023takagib2_2.jpg

▼大幣(おおぬき)をシャッ、シャッと振りながら、全員をお祓いしてくれます。

121023takagib2_3.jpg

▼さあ、次は「四方祓いの儀」。

その方法を神官さんが教えています。

121023takagib3.jpg

▼まずは大幣でお祓い。

121023takagib3_2.jpg

▼奥さまがお神酒で敷地の隅を清めます。

121023takagib3_3.jpg

▼ご主人が塩をまいて清めます。

121023takagib3_4.jpg

▼同様のことを敷地の四隅で行うのです。

121023takagib3_5.jpg121023takagib3_6.jpg

121023takagib3_7.jpg

▼テント内に戻り行われるのは「地鎮の儀」。

最初に行うのは、「刈初めの儀」。

続いて大地を耕す「鍬入れの儀」。

そして施工会社による「杭打ちの儀」です。

121023takagib4.jpg

121023takagib4_2.jpg

121023takagib4_3.jpg

▼祭壇の中に入り、玉串をお供えする「玉串奉奠」。

その神事に続き、2回お辞儀(=二礼)・2回柏手を打つ(=二拍手)・

1回お辞儀(=一礼)を行います。

121023takagib5.jpg

121023takagib5_2.jpg

▼ご主人は鍬入れの所作や掛け声も見事でしたが、

玉串奉奠の所作もすごくきれいでした!

121023takagib5_3.jpg

121023takagib5_4.jpg

▼奥さまのお母様。

121023takagib5_5.jpg

▼福岡工務店は社長が祭壇の中へ。スタッフはその後方でそろって

お祈りを捧げました。

121023takagib5_7.jpg

▼式の締めくくりを神官さんが行います。

121023takagib6.jpg

▼最後は起立、深くお辞儀を…。

121023takagib6_2.jpg

▼「雨が上がると、空気が澄んで心地よいですね。絶好の地鎮祭日和に

なりました」と神官さん。そしてこれからの工事の安全と、施主ご一家の

家内安全を祈って「乾杯!」

121023takagib6_3.jpg

121023takagib6_4.jpg

▼上棟札を神官さんにいただきました。

121023takagib7_2.jpg

▼無事に式を終え、神官さんと談笑。

121023takagib8.jpg

noteこのたびは、おめでとうございます。これからcatが一生懸命

現場リポートを行いますheart04

121023takagib7.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください