福岡市南区長住01 リポート②

あけましておめでとうございます!

本年も現場リポートをご贔屓にお願い申し上げます

さて、福岡市南区長住の現場は私にとって本日が初訪問です。

私、長住だあ~い好き。

綺麗に区画整理され整然とした街並み。道路も広くで快適です。

150-01.jpg

▼ここが現場。

150-02.jpg

150-03.jpg

私に代わって占部さんが地鎮祭の模様をリポートしてくださいましたが、本日、基礎工事は終盤にさしかかっておりました。

今日は黒岩親方がいらっしゃるので、基礎工事の基本的なことも教えていただきました。

▼ここは玄関に当たる個所。

既にコンクリートが打たれています。

この方がより強度が増すという考え方もあるため、最近は基礎の段階でコンクリートを打つそうです。

150-04.jpg

▼基礎型枠のアップ。

150-05.jpg

「今日はレベラーと言って、テンバをそろえんといかんから、一番大切な日」と黒岩親方。

「基礎上部の土台を載せる面を正確な高さにそろえるために、モルタルを用いて天端均し(てんばならし)を行う」ということですね

コレ、本からの受け売り。

その作業をお見せしましょう。

▼メジャーを使ったり…

150-06.jpg

▼アンカーを使ったり…

150-07.jpg

▼木片(に見えるけど、ちゃんと名前の付いた道具に違いない)を使って…

150-08.jpg

高さが均一かどうかをチェック

▼もう1人の職人さんもならしています。

150-09.jpg

ところで今「何を」ならしているのか…書きませんでした。

本を読んでいて「モルタルによる天端均しに代わって、セルフレベリング剤による天端均しが普及してきている」という記述を見つけてしまったから…

この写真がそれなのかどうか、私は親方にお尋ねするのを怠ってしまいました

いずれ別の現場でお目にかかると思いますので、その時には忘れずお尋ねしよう!

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください