福岡市南区三宅01 リポート① ~地鎮祭~

地鎮祭吉日の、6月13日(土曜日)

いよいよ待ちに待った地鎮祭が始まります

現場には、福岡工務店のテントが張られ、氏神様を招くための準備が完了しています

20150613miyake (1)

▼施主のおじい様もこの日を楽しみにしていた様子。ひ孫のアヤちゃんも嬉しそう

20150613miyake (3)

▼地鎮祭を待っている間に、アヤちゃんは「だんご虫」を発見
虫さんもアヤちゃん達の地鎮祭のお祝に来たのかな??
20150613miyake (2)

参加者全員が揃ったところで、、
地鎮祭開始の前に、地鎮祭式典の流れを神官さんが説明してくれます。これで、安心して式に臨めますね

20150613miyake (4)
さて、地鎮祭が始まりました

▼修跋の儀(しゅばつのぎ)
一同が低頭し、参列者の身を清める為にお祓いをします。
20150613miyake (5)

▼四方祓いの儀(しほうばらいのぎ)
施主が一番初めに行う行事です。神官さんよりお神酒とお塩を受け取り、土地の四隅を清めます。
ご主人はお神酒、奥さまとアヤちゃんはお塩担当です
20150613miyake (6) 20150613miyake (7)

▼神官さんが大幣(おおぬさ)にて土地のお清め→ご主人はお神酒にて土地のお清め→奥さまはお塩にて土地のお清め…と
3段階で土地を清めます。この作業を敷地の四隅全て行います。
アヤちゃんもちゃんとお手伝い
20150613miyake (8) 20150613miyake (9) 20150613miyake (10)20150613miyake (12)

▼あまったお塩も全て敷地に撒きます。
20150613miyake (11)

引き続き、テント内に戻り…

▼地鎮の儀(じちんのぎ)
祭壇左手前に、萱が植わった小さな山があります。これは、山は土地を表し、萱は草を表しています。
下記の流れに沿って進めていきます。

①土地の草を刈る…「刈初(かりそめ)の儀」はご主人が。
エイッ、エイッ、エイッと3回大きな声で唱え、萱を刈り取ります。
20150613miyake (13)

②土地を整地する…「鍬入れ(くわいれ)の儀」は奥さまとアヤちゃん。皆に見られてちょっと恥ずかしいね
エイッ、エイッ、エイッと3回大きな声で唱え、山の一部を削ります。
20150613miyake (14)

③杭を打ち込む…「杭打ち(くいうち)の儀」は福岡工務店の代表阿久津と田之上専務。
エイッ・オー、エイッ・オー、エイッ・オーの掛け声で息ぴったりのコンビです
20150613miyake (15)

▼玉串奉奠(たまぐしほうてん)
神主さんから玉串を受け取り、祭壇にお供え。工事の安全とご家族の健康や幸せを祈ってニ拝ニ拍手一拝。
20150613miyake (16) 20150613miyake (17)

▼おじい様とお母様も。
20150613miyake (18)

▼福岡工務店は代表の阿久津が。
20150613miyake (19)

式が無事に終了しました。

▼式が終わってお神酒で乾杯です。アヤちゃんも一緒に乾杯
20150613miyake (20) 20150613miyake (21)

▼神主さんから上棟札が渡されます。
これは、棟上げの際に建物の一番高いところに釘で打ち付ける札です。
上棟日や施主の名前、工事業者の名前等を記載して、普段は見えないところに収めるんだって
高いところからいつまでも見守ってくれるんだね~
20150613miyake (24)

▼最後に近隣の方へ挨拶まわり。

▼地鎮祭の記念に集合写真をパチリ 地鎮祭、おめでとうございます
アヤちゃん、神主さんとテントが怖かったかな?それともカメラに緊張したかな??
最後にちょっと笑顔になってよかったね。
これからも宜しくお願いします
20150613miyake (22)

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください