南区M 一覧

福岡市南区M 注文住宅建築現場リポート⑩

4月19日(金)晴れ新緑が美しい季節となりました青葉若葉からは、大地の恵みとパワーを頂きますねそして、昨日・本日とお天気に恵まれ「上棟式」を執り行わさせて頂いております。スタッフ一同、感謝でいっぱいです「誠におめでとうございます!」福岡市南区Mの現場です

▼本日の現場です足場が外れ、外観の初お披露目です白を基調としたシンプル住宅です左官工事の真っ最中です
20190419 (1)-min

▼現場監督の田之上は、能島さん&西野さんと左官工事の打ち合わせ中です「こんにちは~お疲れ様です
20190419 (2)-min

▼それにしても、いつもと違うような下地材
20190419 (3)-min

▼作業中でしたが、能島さんに「お聞きしたいことがあるのですが・・・大丈夫でしょうか?」と尋ねてみましたすると、快く「大丈夫よ何でも聞いていいよ」とのこと親切な職人さんに囲まれ本当にありがたいです
20190419 (5)-min

▼若い西野さんもいつも教えてくれます
20190419 (4)-min

▼外断熱のパフォームガードに、「初のカチオン材」という下地を塗っているよ!やはり、いつもと違う
20190419 (6)-min

▼質感がねっとりしています例えると・・・マーガリンとバターの違いのような感じです
20190419 (7)-min

▼原料をパシャリ
20190419 (19)-min

▼下地を塗り終えたばかりの基礎巾木です
20190419 (8)-min

▼下地工事が終わると、無機質の塗装材を塗っていき仕上げます伸びやすく割れにくく劣化にも強い仕上がりになるようです左官業も日々進化していくのですね明日、仕上材を塗る予定なので、本日はリポート出来ませんが、次回は仕上がりをお伝え出来ると思います
20190419 (9)-min

▼それではお待たせいたしました・・・中へ入りますほぼ、棟梁の松浦大工の木工事が終わり、クロス工事がスタートしています
20190419 (11)-min

▼キッチンからパシャリクリーム色は、下地用パテ凸凹を埋めるもので、クロスを貼る前には均していきます均しの時は、服も顔も髪の毛も真っ白になるんですよ
20190419 (10)-min

▼キッチンをパシャリ
20190419 (12)-min

▼吹き抜けには、クロス工事用の足場を組んでいます
20190419 (14)-min

▼それでは、階段の幅ギリギリまで足場がありますが、身を細めながら何とか2階へ
20190419 (13)-min

▼階段上がると、長尾さんが最後の下地用パテを塗っています「こんにちは~お疲れ様です」
20190419 (15)-min

▼トイレより階段吹き抜け側をパシャリ
20190419 (16)-min

▼そして、リビング吹き抜け側をパシャリ
20190419 (17)-min

▼2階トイレの下地用パテを塗り終えた長尾さんは、片付けに入っていました
20190419 (18)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡市南区M 注文住宅建築現場リポート⑨

4月5日(金)晴れ本日もリポート日和となりました満開の桜を眺めながら通勤をしているのですが、桜に続き藤の花が咲き始めていました日本ならではの四季を感じながら通勤でき、本当にありがたいです福岡市南区Mの現場です

▼本日の現場です外壁工事のサイディング張りが、ほぼ終わりかけです
20190405 (1)-min

▼坂本さんお二人が最終仕上げの真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です
20190405 (2)-min

20190405 (3)-min

▼換気用ダクトには、この後カバーが付きます
20190405 (4)-min

▼それでは、中へ石膏ボード張りが進んでいます
20190405 (5)-min

▼浴室をパシャリ
20190405 (6)-min

▼本日は、脚立からスキップフロアーへ!そして、梯子を使い2階へ
20190405 (7)-min

▼腰壁が付き、各部屋の石膏ボード張りが進んでいます
20190405 (8)-min

▼納戸です
20190405 (9)-min

▼納戸よりパシャリ子ども部屋へと続く渡り廊下が、魅力的です
20190405 (10)-min

▼それでは、2階廊下へ
20190405 (11)-min

▼廊下をはさみ2か所の吹き抜け
20190405 (12)-min

20190405 (13)-min

▼子ども部屋・トイレ・子ども部屋へ
20190405 (14)-min

20190405 (15)-min

20190405 (16)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡市南区M 注文住宅建築現場リポート⑧

3月25日(月)曇り本日は、4件リポートさせて頂きます桜の満開が待ち遠しいですね週末が満開で花見日和のようです福岡市南区Kの現場です

▼本日の現場です無事気密検査が終わり、外壁工事へと進んでいます縦の木材は、通気胴縁です通気胴縁とは、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるためのものです
20190325 (1)-min

▼外壁工事担当の坂本さんは、通気胴縁取り付けの真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です」
20190325 (2)-min

▼足場を上がります換気用ダクトです外壁張りが進むと見えなくなるのでパシャリです福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています。福岡工務店では、現場監督が特にシビアにチェックしていきます
20190325 (3)-min

▼バルコニーは、防水シート張りと換気用ダクト工事も進みました
20190325 (4)-min

20190325 (5)-min

▼窓枠周りは、しっかり気密防水テープで密閉していますテープの張り方にも緻密さが光っています下⇒両横⇒上の順番にすることで、通気層に水が入ってきても下に流れるようになっています
20190325 (6)-min

▼続いて2階へ床張りと天井&壁の下地工事が進んでいます
20190325 (7)-min

20190325 (9)-min

▼浴室も入りました24時間換気システム本体が入り各部屋にダクト(白色)が伸びています
20190325 (8)-min

▼2階へ上がります日本住宅ならではの木工事に感動しますこの後、壁が出来ていきますので拝見できるのも今の時期だけです
20190325 (12)-min

20190325 (14)-min

20190325 (10)-min

▼浴室の24時間換気システムから伸びる換気用ダクトが集結しています
20190325 (11)-min

▼先ほどリポートした、バルコニーの換気用ダクトの内側の様子耐力面材との隙間は、このように発砲ウレタンフォーム(モコモコしたクリーム色)で塞いでいます福岡工務店のこだわりの一つ「高断熱・高気密住宅」ならではの仕事です
20190325 (15)-min

▼壁の下地をパシャリ大工職人技が光りますね
20190325 (13)-min

▼2階のトイレ給排水管工事も進んでいます
20190325 (16)-min

▼最後になりましたが、棟梁の松浦大工のかまち工事をパシャリ
20190325 (17)-min

▼細かい作業ですとても低い場所でやりずらいようですが、さすが大工職人綺麗に止めていきます
20190325 (18)-min

20190325 (19)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

1 2 3 4