南区L 一覧

福岡市南区L 注文住宅建築現場リポート ⑥ ~祝・上棟式~

こんにちは(^^♪

さて昨日2月23日(土)福岡市南区にて上棟式を執り行いました
この日は、お昼から防寒着が少し暑いと感じるほどの暖かさと、青々とした空が広がるお天気のなかでの上棟式となりました

それでは早速上棟式の様子をリポートさせていただきます

▼午前8時10分ごろ、施主ご家族が到着しました3人のお子様がクレーン屋さんに折り紙で作った手作りピザを見せてくれました
190224 (2)

▼さて、「四方固め」の始まりです。現場監督の小屋町がお清めの仕方と場所を丁寧にお子様に教えます
190224 (3)
190224 (4)

▼お塩とお米はお子様に、そしてお神酒はご主人に撒いていただきました
190224 (5)

▼午前8時半、工事がスタートしましたまず1階から2階まで長さのある「通し柱(とおしばしら)」から立ち上げていきます
190224 (6)

▼あらかじめ部材を配置していたため、作業もスムーズに進みます
190224 (7)

▼大きな梁や胴差しはクレーン車の力も加わり、みんなで声を出し合いながら設置します
190224 (8)

▼1階の横架材の設置が完了すると、ボルトを使ってそれぞれの部材を強固に固定していきます
190224 (9)
190224 (10)

▼一方その頃、1階では泊大工と高田大工が「建て入れ直し」をおこなっていましたこれは建物がきっちり垂直になるように主要な柱が傾いてないか確認していく重要な作業です
190224 (12)
190224 (11)

▼午前9時45分、2階の床板がクレーンで吊り上げられてきましたここから人海戦術で一気に板を敷いていきます
190224 (13)
190224 (14)

▼2階の柱も組み上がり、1階と同様に梁の設置をおこないます
190224 (16)

▼現場監督の小屋町が吊り上げた部材が周りに当たらないように真剣にクレーン車に指示を出します
190224 (15)

▼大工職人がそれぞれの持ち場でスピーディに作業を進め、あっという間に2階の柱と梁が完了しました
190224 (17)

▼今回の建物は、小屋裏収納があるお家なので2階の上にさらに床板を敷きます。出来上がりが楽しみです
190223 (18)

▼小屋裏収納の床板の固定が終わると、小屋束を立て、その上に横部材「母屋(もや)」を設置していきます
190224 (19)

▼そして、写真の一番高いところの横部材は「棟木(むなぎ)」といいます。上棟作業では、この棟木の設置が完了すると無事に上棟したということになります
190224 (20)

▼待ちに待った昼食会のお時間です施主ご家族、スタッフ、大工職人みんなでお弁当をいただきました
190224 (1)
190224 (2)

▼お弁当を食べてお腹いっぱいになったところで、現場見学です。
190224 (4)

▼お子様にもヘルメットをかぶってもらい2階に上がってもらいました
190224 (3)

▼現場見学のあとは3人のお子様にクレーン車体験本物の運転手みたいでとってもかっこいいです
190224 (5)

▼さて午後の上棟作業スタートベテランの泊大工と高田大工は耐力面材の設置をしていました
190224 (18)

▼泊大工が耐力面材をカットし、それを高田大工が貼り付けていきます。長年のチームプレーです
190224 (21)
190224 (25)

▼母屋と棟木の設置が終わると、屋根を支える「垂木(たるき)」が取り付けられました。ここまでくるとだんだんと屋根の形も見えてきました
190224 (22)

▼垂木が設置されると現場監督の中村が母屋と垂木の隙間に発泡ウレタンを流し込み、わずかな隙間を埋めていきます。
190224 (24)

▼福岡工務店では、こうした細かいところも全て発泡ウレタンフォームで埋めて施工し、住宅品質の確保に努めています。とても地道な作業ですが高気密の家にするためには欠かせない作業です
190224 (23)

▼続いて表面に遮熱対策用としてアルミ素材が貼られている「キューワンボード」という断熱材の設置していきます
190224 (26)

▼気密テープでキューワンボード同士の繋目を閉じていきます
190224 (27)

▼キューワンボードの上に通気層を確保するための「通気胴縁」と呼ばれる木を専用のネジで固定していきました
190224 (28)

▼さて、作業も終盤です「野地板(のじいた)」の設置が始まりました
190224 (29)
190224 (30)

▼最後は、ルーフィング屋さんによるルーフィング(防水)作業をして、本日の作業は終了です
190224 (31)

▼この度の上棟式、誠におめでとうございますこれからも福岡工務店をよろしくお願いいたします
190224 (6)

福岡市南区L 注文住宅建築現場リポート⑤

2月21日(木)晴れ春の陽気となり、運転もエアコンつけることなくちょうど良かったです「なんと」行きがけ○○工務店のトラックの後ろを走っていたのですが、リポートの帰りもまた同じ○○工務店のトラックが前を走っていましたトラックには、残土を積んでいましたが~こんなことがあるとは本日の「おっ!」でした福岡市南区Lの現場です「バン!バン!」という音が周りに響いています

▼本日の現場です2月23日の上棟式に向け、棟梁の高田大工による土台敷きの真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です」午後からは、資材の搬入です
20190221 (1)-min

▼ぐるりと回りパシャリ
20190221 (2)-min

▼基礎パッキン(黒)を施しています基礎パッキンは、基礎と土台を絶縁し、湿気を効率よく排出します
20190221 (3)-min

▼給排水管と基礎パフォームガードの隙間には、しっかり発砲ウレタンフォームを施していますこれも福岡工務店の高断熱・高気密住宅のこだわりの一つです
20190221 (4)-min

▼こちらは、浴室部分です
20190221 (5)-min

▼逆光で見えづらいのですが・・・浴室の給排水管と銀色の金物は「床束」です床束は、金属製のため、白蟻による浸食の心配がありません20190221 (7)-min

▼お待たせいたしました高田大工は、ずっとかがんで下を見て床合板を留めていますバン!バン!と音が響きます
20190221 (6)-min

▼分かりづらいのですが、整った間隔で留めれるように手作りの木の定規線が入っていて、その印に合わせて留めています高田大工の職人気質が出ていますね
20190221 (9)-min

▼もちろん床合板は国産です
20190221 (8)-min

▼それでは、「2月23日の上棟式が晴れますように・・・」スタッフ一同心よりお祈り申し上げます
てるてる坊主

それでは、次回は上棟式のリポートですお楽しみに(^^♪

福岡市南区L 注文住宅建築現場リポート④

2月12日(火)晴れ本日は、福岡市城南区と南区のリポートをさせていただきます先日「フィギュアスケート・四大陸選手権」では、宇野昌磨と紀平梨花が逆転優勝しましたねお二人の精神力に「おっ!」ですおめでとうございますそれでは、福岡市南区Lの現場です

▼本日の現場です基礎養生中です
20190212 (1)-min

▼給排水管工事が進んでいます
20190212 (2)-min

20190212 (3)-min

▼給排水管をアップ
20190212 (4)-min

▼そして、基礎外側の外断熱のパフォームガード(白い部分)が分かるようになりました。外断熱については、「こちらをクリックすると詳しい解説がご覧いただけますので、クリックしてみてください
20190212 (5)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

1 2