福岡県福岡市南区24 注文住宅建築現場リポート⑧~木工事・床材張り~

こんにちは。リポート担当の有村です。9月3日(金)曇り。本日は、床材張りが行われている様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう!

▼本日の現場です。

▼サイディング張りが完了していました。継ぎ目なくきれいに仕上がっているのがわかります。

▼1階部分です。

▼キッチンユニットの取り付けが完了していました。印象的な蛇口が見えています!養生が外れるのが楽しみですね!

▼棟梁の丸川大工です。床材の施工が行われていました。丸鋸でカットを行い、手のこで丁寧に微調整を行っていきます。

▼その後、さらに細かくやすりやノミを使ってミリ単位で調整を行っていきます。本当に細かい作業です!

▼細かい調整を終え、ボンドをつけフローリング用の細かい釘で固定していきます。この作業を床全面に行っていきます。普段何気なく見ている床には、これだけの労力がかかっているんだなと再認識しました!

▼2階洋室です。石膏ボード張りが完了し、建具枠の取り付けまで完了していました。

▼こちらは主寝室です。間口がかわいらしいアーチ状になっています。左側は造作のカウンターが設けられ、右手はウォークインクローゼットとなっています。完成が楽しみですね!

この後、引き続き床材、石膏ボード張りが進んでいき、間もなく木工事完了となります。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください