福岡県福岡市南区24 注文住宅建築現場リポート⑤~木工事・耐力面材貼り~

こんにちは。リポート担当の平野です。7月20日(火)晴れ。本日は、耐力面材貼りが行われている様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼まずは、外部の様子を見ていきたいと思います。バルコニー部分以外は、耐力面材の上に外断熱材キューワンボードの施工が進んでいました。キューワンボードの表面は赤外線高反射タイプのアルミ箔で覆われており、真夏の太陽から届く熱源の紫外線を反射する効果があります。

▼キューワンボードの継ぎ目部分には、これから専用の気密テープが貼られ、隙間が出来そうな部分を完全に密封します。

▼隙間ができやすいサッシのまわり部分にも気密テープを貼ります。

▼玄関部分です。玄関ドアの搬入・取り付けが完了していました!

▼続いて、中の様子を見ていきたいと思います。1階部分です。

▼棟梁の丸川大工です。ちょうど作業がひと段落したところだったようで、現場の掃除をしていました
こまめに掃除をすることで、現場はいつも綺麗に保たれています。

▼サッシの取り付けも進んでいますね

▼2階部分です。

▼バルコニー部分も耐力面材の施工が進んでいます。バルコニー部分は、耐力面材の施工が完了後、キューワンボードの取り付け、そして防水加工が行われます。

▼これから取り付ける部分の、長さを図っている様子です。このように一箇所ずつ採寸し、部材をカットしていきます。

▼早速、採寸した長さに丸鋸でカットしていきます。

▼カットした部材を外へ運びます。大工さんが運んでいると軽そうにみえますが、結構な重量があるんです

▼カットした面材をこれから取り付けていきます

この後も引き続き、気密検査に向けて耐力面材・キューワンボード等の施工が進められます。

それでは、次回のリポートをお楽しみに!

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください