福岡県福岡市南区23 注文住宅建築現場リポート⑨~木工事・ニッチ施工~

こんにちは。リポート担当の平野です。9月24日(金)晴れ。本日は、サイディング工事やニッチ施工が行われている様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼外部は、外断熱材キューワンボードの上に『通気胴縁』の取り付けが完了しています。
通気胴縁は、サイディング材とキューワンボードの間に通気層を確保する役割を果たします✨

▼そして、通気胴縁の上からサイディング材の取り付けが始まっていました

▼サイディング材の継ぎ目には、金物を取り付けます。この金物で挟み込むように取り付けることで、ビス穴や継ぎ目が出来ず、綺麗な仕上がりになります。

▼こちらの青色の部材は『ハット型ジョイナー』と呼ばれる部材です。このハット型ジョイナーの上にこれからコーキング材が施工されます。

▼本日も外装職人の坂本さん親子がサイディング材の取り付け作業を行っていました。
サイディング材を採寸したサイズにカットし、1枚1枚丁寧に取り付けていきます。

▼1階部分です。

▼石膏ボード貼りが進んでいるのが分かりますね

▼1階天井部分です。壁と天井のボード(色)が違うのが分かりますでしょうか?
こちらの住宅は省令準耐火構造仕様のため、1階部分の天井は通常の石膏ボード(黄色)ではなく、耐火性・耐衝撃性に優れた『強化石膏ボード』が使用されています。

▼洗面脱衣室部分です。洗面脱衣室の石膏ボードは水回り部分になりますので、黄色ではなく黄緑色(耐水ボード)が使用されます。

▼棟梁の永留大工です。本日はリビング部分のニッチ施工を行っていました。
木板を取り付ける為の隙間をあけた上で、内側部分にも石膏ボードを取り付けます。

▼石膏ボードの取り付け完了後に、サイズを調整しながら木板を丁寧に取り付けていきます。

▼2階洋室(1)(2)です。石膏ボード貼りが完了しています。

▼主寝室部分もボード貼り・建具枠の施工が完了していますね(*^^*)

▼バルコニー部分です。防水加工が施され、通気胴縁の取り付けまで完了しています。
これからバルコニー部分にもサイディング材の取り付けが行われます。

この後も引き続き、外部ではサイディング工事、内部では木工事完了に向けて石膏ボード貼りや巾木の施工が進められます。

それでは、次回のリポートをお楽しみに!

 

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください