福岡県福岡市南区22 注文住宅建築現場リポート⑤~木工事・床材張り~

こんにちは。リポート担当の平野です。9月9日(木)晴れ。本日は、床材張りが行われている様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう!

▼本日の現場です。

▼まずは、外部の様子を見ていきたいと思います。あんしん耐力面材の上には、外断熱材『キューワンボード』の取り付けが完了しています。
キューワンボードの表面は赤外線高反射タイプのアルミ箔で覆われており、真夏の太陽から届く熱源の紫外線を反射する効果があります。

▼キューワンボードの継ぎ目部分やサッシの周りには、専用の気密テープが貼られています。

▼1階部分です。

▼脱衣室部分です。これから行われるユニットバスの搬入・取り付けに向けて浴室の壁部分には、石膏ボード貼りが進んでいました!

▼洗面脱衣室部分の床材貼りが進んでいます。

▼壁や天井の石膏ボードを貼る部分の下地作りが進んでいます

▼棟梁の高田大工です。本日は、1階トイレ部分の床材を貼る作業を行っていました。
まず、採寸・カットを行い・・・

▼床材を貼る部分に専用の接着剤を塗付していきます。

▼接着剤の塗付が完了したら床材を貼り付け、専用のホッチキスや釘で固定します。

▼貼り付けが完了したら、木くず等をきれいに除去し・・・養生ボードを貼っていきます。

▼2階部分です。

▼吹き抜け部分です。

▼2階部分も1階同様、天井や壁の下地作りが進んでいます。

この後も引き続き、内部では床材貼りが行われ、外部はサイディング工事が始まります。

それでは、次回のリポートをお楽しみに!

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください