福岡県福岡市南区21 注文住宅建築現場リポート⑧

こんにちは。リポート担当の有村です。4月16日(金)曇り。本日は、上棟後、どのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼外側には耐力面材あんしんの施工が完了していました。その上から外断熱材キューワンボードの施工が行われていっています。

▼1階部分です。

▼こちらの斜めに取り付けられている部材は筋交いといいます。建物が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱となっています。

▼様々な種類の金物を定められた箇所に留めていきます。社内検査や外部機関による検査で入念にチェックされていきます。

▼2階部分です。

▼こちらはインナーバルコニーです。これから防水工事が行われていきます。

▼棟梁の泊大工です。外断熱材キューワンボードの施工を行っていました。予め採寸を行いカットしていきます。そのカットした断熱材を足場を登って取り付けていきます。ぴったりとはめ込み釘で留めていきます。この後、気密テープで継ぎ目を塞ぎ、固定していきます。

この後、外断熱材を家全体を覆うように取り付けていき、気密テープを施工していきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください