福岡市南区15 注文住宅建築現場リポート⑧

4月18日(木)晴れ今朝のニュースはもうすぐ天皇皇后両陛下が伊勢神宮で退位のご報告をした話題で持ちきりでしたねいよいよ令和の開始まで残り12日平成も終わってしまいますね今日その話題でふと気づいたのですが、令和元年は5月から12月までの8ヶ月しかないのですね令和元年産まれのお子さんはプレシャスベイビーになりそうですねそんな本日は南区Nの現場からリポートをお伝えいたします

▼本日の現場です本日はたくさんの職人さんがおられました写真撮影で大変お邪魔してしまったにも関わらず、にこやかに対応していただきありがとうございました
DSC_0522

▼外壁工事担当の石田さんいつもニコニコ素敵な笑顔ですでもお仕事中は真剣なまなざしで石膏ボードをカットされていますこんにちは~お疲れ様です
DSC_0523

▼早速玄関より中に入ります
DSC_0525

▼中から見たダクトの周りにはしっかり防蟻ウレタンフォームが吹き付けられていますいずれ見えなくなる部分ですのでパシャリ
DSC_0530

▼一階では忙しそうに作業されていましたので、まず二階に上がってきました吹き抜け部分です
DSC_0532

▼二階のベランダ側です本日は天気が良すぎて外が明るすぎて室内少し暗めに映っていますが、日当たりも抜群で室内も明るいです外は汗ばむほどの陽気で温度も高かったのですが、家の中に入ってくるなり、ひんやり断熱のすごさをヒシヒシと感じられる陽気です

DSC_0534

▼バルコニーはとーっても広々日当たりも抜群
DSC_0535

▼バルコニーの防水工事が進んでいます外断熱のキューワンボードには、縦の木材通気胴縁を取り付けています通気胴縁は、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるために施工します
DSC_0536

▼バルコニーには、防水工法をとるためにウォーターガードを張っています換気用ダクトです外壁張りが進むと見えなくなるのでパシャリ福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています。福岡工務店では、現場監督が特にシビアにチェックしていきますダクトにはこの後カバーが付きます
DSC_0538

▼一階に下りてきて浴室内部では

忙しく作業中でしたが、邪魔にならないように少し離れてお写真を撮らせていただきましたご協力ありがとうございました
DSC_0540 DSC_0542

▼浴室上部には24時間換気システムの本体が付きましたお忙しいところ大変お邪魔致しました
DSC_0543

それでは次回のリポートもお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください