福岡市南区15 注文住宅建築現場リポート⑦

4月4日(木)晴れ爽やかな風が心地いリポート日和となりました昨日までの冷え込みで、満開の桜も散らずに新学期を向かえてくれそうです福岡市南区Nの現場です

▼本日の現場です前回リポートの耐力面材張りが終り、外断熱のキューワンボードも終わっています外断熱のキューワンボードについては、「こちらから」より詳しくご覧いただけますクリックしてみてくださいね
20190404 (1)-min

▼窓側は、このように仕上がっています窓枠周りは、しっかり気密防水テープで密閉していますテープの張り方にも緻密さが光っています下⇒両横⇒上の順番にすることで、通気層に水が入ってきても下に流れるようになっています
20190404 (2)-min

▼前回はまだ窓が入っていませんでしたが、このように仕上がっています福岡工務店の家の窓は、樹脂サッシです「樹脂サッシ」につては、「こちらを」クリックしてくださいね詳しく説明しています
20190404 (9)-min

▼さらに足場を上がり、屋根の下をパシャリ気密防水テープでしっかり塞いでいます高断熱・高気密住宅には欠かせない施工窓や・ダクト周りもそうですが、このような部分は外壁工事がスタートすると分からなくなるので、パシャリ
20190404 (10)-min

▼それでは、中へ「こんにちは~お疲れ様です」まぐさ工事が進んでいます「まぐさ」とは、窓や出入り口など開口部のすぐ上に取り付けられた横材のことです
20190404 (3)-min

20190404 (6)-min

▼現場監督の古藤は、インナーガレージで打ち合わせ中です「お疲れ様です~」
20190404 (4)-min

20190404 (11)-min

▼棟梁の山﨑大工は、玄関周辺の野縁工事中です「野縁」とは、天井の下地で細長い木材を取り付けていきます
20190404 (5)-min

▼続いて、2階へ窓が入り、まぐさ工事が進んでいますねバルコニー側の窓は、防水工事が終わってから入ります
20190404 (8)-min

▼バルコニーの下地も進んでいます
20190404 (7)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください