福岡市南区15 注文住宅建築現場リポート⑥

3月25日(月)曇り本日は、4件リポートさせて頂きます桜の満開が待ち遠しいですね週末が満開で花見日和のようです福岡市南区Nの現場です上棟式より約2週間です

▼本日の現場です耐力面材張りが進んでいます窓が分かるようになりました
20190325 (1)-min

▼窓が入ったばっかり
20190325 (2)-min

▼窓が入る前のサッシ枠の下地工事をパシャリ
20190325 (3)-min

▼足場を上がりますコロニアル葺き屋根です
20190325 (4)-min

▼それでは中へ綺麗に整理整頓されていて気持ちがいいです
20190325 (5)-min

▼筋交い工事と金物取り付けが進んでいます斜めの木が「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20190325 (6)-min

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、金物検査では現場監督がしっかり検査を行います。
20190325 (7)-min

▼インナーガレージです
20190325 (8)-min

▼「おっ」斜めの金物は、「鋼製火打梁」「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目があります
20190325 (9)-min

▼続いて2階へ
20190325 (10)-min

▼棟梁の山﨑大工は、バルコニーのサッシを取り付けています「こんにちは~お疲れ様です」
20190325 (12)-min

20190325 (13)-min

▼そして、天井をパシャリこちらは構造上・・構造上合板➝外断熱キューワンボード➝野地板➝屋根の構造です
20190325 (14)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

 

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください