福岡市南区14 注文住宅建築現場リポート⑧

3月25日(月)曇り本日は、4件リポートさせて頂きます桜の満開が待ち遠しいですね週末が満開で花見日和のようです福岡市南区Kの現場です

▼本日の現場です無事気密検査が終わり、外壁工事へと進んでいます縦の木材は、通気胴縁です通気胴縁とは、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるためのものです
20190325 (1)-min

▼外壁工事担当の坂本さんは、通気胴縁取り付けの真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です」
20190325 (2)-min

▼足場を上がります換気用ダクトです外壁張りが進むと見えなくなるのでパシャリです福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています。福岡工務店では、現場監督が特にシビアにチェックしていきます
20190325 (3)-min

▼バルコニーは、防水シート張りと換気用ダクト工事も進みました
20190325 (4)-min

20190325 (5)-min

▼窓枠周りは、しっかり気密防水テープで密閉していますテープの張り方にも緻密さが光っています下⇒両横⇒上の順番にすることで、通気層に水が入ってきても下に流れるようになっています
20190325 (6)-min

▼続いて2階へ床張りと天井&壁の下地工事が進んでいます
20190325 (7)-min

20190325 (9)-min

▼浴室も入りました24時間換気システム本体が入り各部屋にダクト(白色)が伸びています
20190325 (8)-min

▼2階へ上がります日本住宅ならではの木工事に感動しますこの後、壁が出来ていきますので拝見できるのも今の時期だけです
20190325 (12)-min

20190325 (14)-min

20190325 (10)-min

▼浴室の24時間換気システムから伸びる換気用ダクトが集結しています
20190325 (11)-min

▼先ほどリポートした、バルコニーの換気用ダクトの内側の様子耐力面材との隙間は、このように発砲ウレタンフォーム(モコモコしたクリーム色)で塞いでいます福岡工務店のこだわりの1つ「高断熱・高気密住宅」ならではの仕事です
20190325 (15)-min

▼壁の下地をパシャリ大工職人技が光りますね
20190325 (13)-min

▼2階のトイレ給排水管工事も進んでいます
20190325 (16)-min

▼最後になりましたが、棟梁の松浦大工のかまち工事をパシャリ
20190325 (17)-min

▼細かい作業ですとても低い場所でやりずらいようですが、さすが大工職人綺麗に止めていきます
20190325 (18)-min

20190325 (19)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください