福岡市南区13 注文住宅建築現場リポート ⑦

3月25日(月)曇り本日は、4件リポートさせて頂きます桜の満開が待ち遠しいですね週末が満開で花見日和のようです福岡市南区Lの現場です

▼本日の現場です耐力面材張りが進んでいます窓が分かるようになりました
20190325 (1)-min

▼早速、足場を上がります屋根はコロニアル葺きです
20190325 (2)-min

▼一番上まで上がります

20190325 (3)-min

▼北側屋根をパシャリ緑のシートは、アスファルトルーフィングで、防水の役目があります少し離れているので、足場から長さを測ることが出来ませんが、福岡工務店では、250ミリ以上の巻き返しです長さが短いと隙間からの雨漏りや雨漏りが原因で釘などの金属も錆びたりします巻き返し250ミリ以上は、とても大事です
20190325 (4)-min

▼耐力面材は「あんしん」耐力性能については、「こちらから」詳しくご覧いただけますので、クリックしてみてくださいね
20190325 (5)-min

▼棟梁の高田大工は、サッシ枠の取り付け工事中ですサッシ枠は、このように取り付けていきます
20190325 (6)-min

▼それでは中へサッシやさんが、窓を搬入保管しています「こんにちは~お疲れ様です」
20190325 (7)-min

▼先ほどリポートしたところに窓を入れていきます
20190325 (8)-min

▼高田大工も立ち会います
20190325 (9)-min

▼続いて2階へ窓が搬入されていますね
20190325 (10)-min

▼筋交い工事と金物取り付けが進んでいます斜めの木が「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20190325 (11)-min

▼筋交いの中心をアップ大工職人技が光ります
20190325 (13)-min

▼「おっ」斜めの金物は、「火打梁」で構造上「鋼製火打梁」を施しています「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目があります
20190325 (14)-min

▼本日のリポートの最後は、いつも笑顔の高田大工をパシャリサッシ枠を取り付けています
20190325 (15)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください