福岡市南区11 注文住宅建築現場リポート⑦

11月19日(月)曇り深夜に雨が降ったようですまたしても、全然気づきませんでした昨日は、フィギュアスケートGPシリーズ第5戦ロシア杯で優勝した羽生結弦!松葉づえで歩き、「ファイナルへ向けて全力で治療する」と、諦めない姿勢に感動しました福岡市南区Jの現場です

▼本日の現場ですブルーシートに覆われていますが、棟梁の泊好樹大工による木工事がスタートしています
20181119 (1)-min

▼足元が悪いのですが、気を付けて足場を上がりますコロニアル葺き屋根です
20181119 (2)-min

▼途中、バルコニーと2階をパシャリたくさんの資材が搬入中で筋交いが進んでいます
20181119 (3)-min

▼それでは、1階をリポートサッシの搬入が終わっています
20181119 (4)-min

▼好樹大工は、1階の筋交い工事の真っ最中です!福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています先ず資材を確認しますその視線は、現場の空気を変える感じがします
20181119 (5)-min

▼続いて、筋交いをとる部分へ長さを確認します
20181119 (6)-min

▼そして、カット
20181119 (7)-min

20181119 (8)-min

20181119 (9)-min

20181119 (10)-min

▼数ミリ単位でカットし仮置きします
20181119 (11)-min

▼続いてビス止めします
20181119 (12)-min

▼綺麗に納めていきますこのように筋交いは、ほとんどプレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では現場で直接加工作っています筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱ですので、現場で確認しながら丁寧に工事しているのは、安心できます
20181119 (13)-min

▼時間の許す限りリポートをしましたが、次の現場へ向かう時間となり完成までお伝えできませんこちらは、玄関付近ですが、筋交いのできているところをパシャリ
20181119 (15)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください