福岡市南区10 注文住宅建築現場リポート④

8月21日(火)晴れ南区・宇美町・大野城市の3現場のリポートをさせていただきますブルーシートを広げたような青空と白い雲が広がり、絶好のリポート日和となりましたでも、日陰のない炎天下の現場はかなりの暑さです福岡市南区Iの現場です

▼8月24日の上棟式を控え、棟梁の山﨑大工と工事部の中村による土台敷き、給排水設備工事の正野さんが作業しています「お疲れ様です~
20180821 (1)-min

▼麦わら帽子と簡易扇風機付き作業着の正野さんは、給排水工事中です皆さん水分を取りながら熱中症対策をしています
20180821 (2)-min

▼山﨑大工は、基礎パッキンを所定の場所に置いています基礎パッキンは、床下の換気をよくすると共に、基礎と土台の縁を切り、コンクリートが吸った湿気を土台に上げない役目があります土台を敷く前にパシャリ
20180821 (3)-min

20180821 (4)-min

20180821 (5)-min

▼給排水管工事をパシャリ
20180821 (6)-min

▼基礎パッキンは、外側だけでなく内側にも敷き詰めていきます
20180821 (7)-min

20180821 (8)-min

▼続いて午後からは土台敷き内側の様子です
20180821 (12)-min

▼外側の基礎パッキンその外側には、基礎の外断熱パフォームガードがしっかり高断熱・高気密住宅の役目を果たしています
20180821 (9)-min

▼給排水管とパフォームガードの隙間には、モコモコの防蟻ウレタンフォームを充填しています
20180821 (10)-min

▼大引きに床束を取り付けています床束は、金属製のため、白蟻による浸食の心配がありません
20180821 (11)-min

▼まだまだ続く土台敷きお昼からは、山﨑大工1人での作業です「暑いと思ますが、宜しくお願いします
20180821 (14)-min

それでは、次回は上棟式のリポートになりますお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください